今すぐ汚部屋から脱出せよ!ゴミ屋敷掃除・回収業者ガイド24時【首都圏版】

ゴミ屋敷から脱出できる!プロ清掃業者を厳選紹介します

HOME » ゴミ屋敷掃除・回収業者ガイド » ゴミ屋敷になってしまうのは病気のせいかも » 統合失調症

統合失調症

「部屋が片付けられない」「いつの間にかゴミ屋敷になっていた」という人は心を病んでいる場合があるんだ。ここでは、片付けられない原因を引き起こす精神疾患の1つ、「統合失調症」について説明していく。

統合失調症とは?

統合失調症は幻覚が見えたり、妄想と現実の区別がつかなくなったりする症状が現れる心の病だ。10~30代後半で発症しやすく、だんだん進行していく。100人に1人の割合で発症するといわれているから、珍しい病気ではないんだよね。

主な症状は「やる気の低下」「周りの意見が聞けない」「人付き合いができない」などが多く、進行するうちに徐々に身の回りのことができなくなってくる。それが片付けられない原因につながっているんだ。

統合失調症は病気の傾向が4段階に分かれている。

前兆期

「物音や光に敏感になる」「眠れなくなる」など、発症の前触れとなる症状が出始める。

急性期

幻覚、妄想といった統合失調症の症状が目立つ。幻想や妄想によって頭のなかが混乱してしまい、周りとのコミュニケーションがとれなくなってくる。

休息期

急性期を過ぎると訪れる期間で、感情の起伏がほとんど見られない状態に。無気力で何もできず、引きこもってしまったり眠り続けてしまったりする。精神は不安定で、ちょっとした刺激でも急性期に戻りやすい。

回復期

症状が少しずつ治まり、無気力状態から脱していくが、記憶力や判断力が低下する認知機能障害が発生する可能性が高い。生活をするうえでの障害や社会性の低下につながることも。

この4段階は一方向ではなく、急性期から回復期までを繰り返す(再発する)場合が多い。再発が続くと休息期や回復期にかかる時間が長くなるともいわれているんだ。

簡易統合失調症診断

統合失調症かどうかを診断する簡単なチェックリストを10問用意したから、思い当たることがあればチェックしてみてくれ。

  1. 誰かわからない声が聞こえ、自分を責めたり命令したりする
  2. 「自分は誰かによって動かされている」と感じる
  3. 周りの人が自分に悪口を言い、嫌がらせをしているのではないかと思う
  4. 人と会話するのが苦痛に感じ、誰とも話をしなくなった
  5. 直前まで何をやっていたのか思い出せなかったり、頭のなかで考えをまとめきれなくなったりしてきた
  6. 部屋のなかで何もせずボーっと過ごすことが多くなった
  7. ちょっとしたことでも大げさに反応してしまい、集中できなくなったり、興奮したりすることが多くなった
  8. 誰かに自分の動きを見られたり話を盗み聞きされたりしている。命を狙われていると感じる
  9. 集中力が続かない。注意散漫になる
  10. 何もやる気にならない。やる気がおきない

10項目のうちどれくらいの数が当てはまっただろうか?チェック数が多い人は注意が必要だ。

治療方法は?

統合失調症は主に2つの治療方法が行われる。

薬物療法

神経の伝達物質の機能異常を調節して症状を抑える。

心理社会的療法

統合失調症を発症している本人と家族それぞれに心理的療法を行って症状を抑える。

基本的には薬物療法をメインに行うけど、心理社会的療法を組み合わせれば高い治療効果が得られる。具体的にどのような内容の治療を行うのか、調べてみよう。

ページの先頭へ