ゴミ屋敷から脱出できる!プロ清掃業者を厳選紹介します

HOME » ゴミ屋敷に住み続けるリスクと危険性! » ご近所トラブルに発展

ご近所トラブルに発展

ゴミ屋敷をそのままにしておくとどんなトラブルに巻き込まれやすくなるのか。近所とのトラブル例を紹介します。

ゴミ屋敷の放置は危険!

自分はゴミ屋敷に住んでいても何ともないけど、ご近所からしたら近くにゴミ屋敷があるんだなんて、すごく嫌だと思う。問題はゴミ屋敷が原因でご近所トラブルにつながるかもしれないってところだ。

じゃあどんなトラブルがあるのか、ここではゴミ屋敷が原因となったご近所トラブルについてまとめてみた。

ご近所トラブル例

道路にまであふれたゴミが迷惑

家の中だけでなく外にまでゴミがあふれる、かなりひどいゴミ屋敷の状態。この場合は道路までゴミがあふれ出し、道路をふさいでしまうことが問題になる。

周辺住民は通行しにくいし、自転車や自動車もあふれたゴミを避けなくてはいけないので非常に迷惑になる。

害虫やねずみが発生しやすい

ゴミの中には生ゴミが混ざっているため、生ごみを餌にするねずみやゴキブリなどの害虫が発生しやすくなる…。

さらにゴミ同士がくっついているため通気性も悪く、ダニやカビの温床にもなりやすい。問題なのはゴミによって発生したねずみや害虫が近所にも行ってしまうこと!

餌があるから野良猫が増えて近所の家に入りやすくなるのも、トラブルが多いとか。

ゴミが異臭を放つ

長く放置された生ゴミや飲み物などは、腐って悪臭を放つようになる。臭くて窓を開けると、今度はそのニオイが近所に漂い、そこからトラブルにつながりやすくなってしまう。

ゴミ屋敷に住んでいるから悪臭自体がもう分からなくなってきている人もいるだろうけど、周りは自分が思っている以上に敏感なことが多い。

トラブルを回避するには、ゴミ屋敷を解消すること

まぁ、当たり前なんだけど、近所とのトラブルを回避するには、全ての原因となっているゴミ屋敷を解消すること。

「自分でなんとかする」とは思っていてもなかなか実行できずにゴミ屋敷化しているんだから、何とかしたいと考えたらすぐに業者に電話してしまうのが一番!

悩みの種となるゴミ山はすっきり片付けて、近所ともトラブルを起こさないようにしたいものだ。

ゴミ屋敷の悪臭トラブルの相談先を3つのケース別に紹介!

ここからは、ゴミ屋敷の悪臭トラブルに悩まされたときの相談先を紹介していく。

1.「戸建てタイプのゴミ屋敷」は役所に相談しよう

個人が所有する敷地内にいくらゴミを溜め込んでいても、もちろん他人が勝手に処分することはできない。ただ、一部の自治体では「ゴミ屋敷対策条例」を施行している。

ゴミ屋敷対策条例がある自治体でも、周囲からの苦情や相談が一定以上ないと動くことができないので、ゴミ屋敷が戸建ての場合は最寄りの役所に相談しよう。

ゴミ屋敷対策条例がなくても、相談件数が増えれば役所の人が動いてくれる。家庭訪問やゴミ捨ての補助などを通して、問題が解決できるならそれに越したことはない。

2.「マンション内のゴミ屋敷」は不動産会社に相談しよう

マンション内にゴミ屋敷化している部屋があるなら、不動産会社に相談しよう。マンションの場合、戸建てよりさらにご近所付き合いが少ないので直接苦情をいいに行くとヒートアップしやすい。マンション全体の管理をしているのは不動産会社なのだから、不動産会社に相談して対応してもらうのが効果的。

ただ、不動産会社にもいろいろあって、トラブルが起きてもなかなか対応してくれないところもある。同じように悪臭に悩んでいる人を集めて相談したり、オーナーに直接相談したりして、管理会社の人から注意してもらおう。

3.「分譲マンション内のゴミ屋敷」は管理組合に相談しよう

分譲マンションは、あらゆるトラブル解決やルール決めを管理組合の話し合いによって行う。仲の良いご近所さんや同じく悪臭で悩んでいる人と一緒に、管理組合に相談しよう。あまりにひどければ、管理組合が不動産会社と協力してゴミ屋敷の住人に退去を求める場合もある。

管理組合に動いてもらえば、複数の第三者が絡むので一対一のトラブルも起こりづらい。

その他にも相談できるところはいくつかある

上記以外にも、ゴミ屋敷に関して相談できる公共の機関がいくつかある。実際に解決のために動いてくれるとは限らないものの、相談しておけば安心だろう。

保健所に相談すると注意してくれる場合も

保健所は、公衆衛生のためにある機関なので、悪臭で実害があることを相談すれば注意のために動いてくれる場合もある。ご近所さんが文句をいっても取り合わない人だって、役所や保健所など複数の機関から指摘されれば気持ちが変わるかもしれない。

警察と消防署にも相談しておけば安心

ゴミ屋敷にしているからと逮捕されることはないものの、警察や消防署に相談しておく方法もおすすめだ。とくに、夏場はスプレー缶のゴミが放置されていることがきっかけでボヤ騒ぎになる危険性もあるし、ゴミ屋敷の持ち主が身寄りのない高齢者の場合、孤独死などの可能性もある。

こまめに相談して、相談実績をつくっておくことも大切だ。

「迷惑だから直接文句をいいに行く」のはよくない

ゴミ屋敷の持ち主に対し、「迷惑しているから、直接文句をいいに行ってやる!」と息巻く人もいるが、柔らかい口調でも厳しい口調であっても直接苦情を伝えるとトラブルになってしまうことも多い。

ゴミ屋敷になる原因は人によってさまざまだが、ちょっと話をしてすぐに解決できるような問題なら、そもそもゴミ屋敷にはなっていないはず。本人が「ゴミを片付けたいけど。どうにもできない」と悩んでいるならともかく、そうでない場合は直接苦情伝えると逆効果だ。

日本は法治国家なので、困ったことがあったときは原則として法律に則って解決を目指す必要がある。「盗まれた自転車を見つけたから自分で取り返した」「ゴミ屋敷の悪臭に悩んでいるから文句をいいに行った」といった行為は「自力救済」や「自救行為」と呼ばれ、基本的にやってはいけないのだ。

悩んだときは、上記で紹介したような第三者機関に相談することをおすすめする。

ゴミが捨てられない人はゴミ屋敷清掃業者に依頼しよう

ゴミ屋敷によって、その近所の人たちが悪臭やゴミで迷惑を被ってしまった場合、上記のような場所に相談しにいってゴミ屋敷の持ち主を指導してもらう必要がある。

もし、最近ゴミが溜まってきてまずいと思っているのに、どうしても片付けができないなら、「自分がゴミ屋敷トラブルで悩んでいる立場だったらどうしてほしいか」を考えよう。

近所の人たちが望むのは、ゴミと悪臭がなくなること。他人に迷惑をかけるまえに業者に連絡して片付けてもらえば、大きなトラブルにならずにすむ。

ゴミ屋敷を掃除してくれる業者に依頼して、ゴミもトラブルの種もすっきり解消してみてはいかがだろうか?

ゴミ屋敷清掃業者3選

首都圏でおすすめ

便利屋Station

便利屋Stationの公式サイト

粗大ゴミや生活ゴミなど、どんなゴミでも即日回収。24時間どんな時間でも来てくれるのも嬉しいところ。

公式サイトを見る

片付けられない.com

片付けられない.comの公式サイト

ADHDなどの病気を持つ方もOK。掃除が終わったあともコンサルタントがアドバイスしてくれる。

公式サイトを見る

便利屋一番星

便利屋一番星の公式サイト

ゴミ屋敷掃除から遺品整理まで何でも請け負ってくれる業者。料金が明確にHPに記載されているので安心。

公式サイトを見る

ページの先頭へ