ゴミ屋敷から脱出できる!プロ清掃業者を厳選紹介します

HOME » ゴミ屋敷に住み続けるリスクと危険性! » 孤独死もありうる

孤独死もありうる

ゴミ屋敷を放置して住み続けることが孤独死を招く原因になることも。なぜそうなるのか理由を調べました。

孤独死とはどんなものかの画像

社会問題になっている“孤独死”

近年増えているのが、誰にも気づかれないまま一人で死亡する“孤独死”。独居者が疾病などで重篤化しても助けを呼べないまま、そのまま亡くなってしまう状態を指す。

若者から65歳以上の高齢者まで年齢層はさまざま

孤独死は孤立死とも呼び、65歳以上の高齢者が多いのだが、最近では独身の40代、50代にも多く、さらには若者の孤独死も増えているとか。

その多くの原因が”セルフネグレクト(自己放任)“だと言うから、セルフネグレクトについてちょっと紹介する。

セルフネグレクトとは

セルフネグレクト(自己放任)とは自分自身に関心がなくなることで、日常生活や人間関係をおろそかにしてしまい、果ては生きること自体に興味をなくす疾患。

例えば食事を満足に取らなくなったりお風呂に入らなくなったり、掃除をしたりすることもなくなる。生きることに興味がないので体調を崩しても病院へは行かず、そのまま悪化して亡くなってしまうことも多い。

ゴミ屋敷住人はセルフネグレクトの人が多い

セルフネグレクトとゴミ屋敷は密接な関係性にある。正常だとゴミを溜めたら汚いと感じ、あまりにひどいと掃除をするため、ゴミ屋敷にはならない。

片付ける感覚が欠如してしまうゆえゴミ屋敷になる

だけどセルフネグレクトの人は「汚いから片付ける」という感覚がなくなり、精神的な不安定さから溜まっていくゴミを片付けられずに、部屋を埋め尽くすほどのゴミ山になってしまう。

体調が悪くなって動けなくなった結果…

さらにゴミの山に囲まれていることから体調が悪くなり、動けないためトイレにもいけず部屋で排泄を行う。

このような状態になると生きることさえ面倒になるし、ゴミ屋敷という状態を人に知られなくないために人との関わり合いもやめるため、誰にも気づかれない孤立状態になってしまう。

周りはもちろん異変に気づかないので、この状態から脱却するには自分で何とかしなくてはいけないが、セルフネグレクトの人は自分で動くことも他人から支援されることも嫌がるので、なかなか難しい。

セルフネグレクトからの孤独死を防ぐには

ゴミ屋敷の住人がすべてセルフネグレクトになるわけではないが、一般的な人よりも可能性が高いのは確か。

ゴミ屋敷業者に一気に片付けてもらうのが1番

孤独死を防ぐには生きる気力を高め、セルフネグレクトにならないように気を付けなくてはいけない。そのためには問題の原点となるゴミ屋敷を片付けるのが一番!

「誰にも気づかれずにゴミに埋もれて死ぬなんて冗談じゃない」と思っている人は、勇気を出して清掃業者に相談し、ゴミ屋敷を今すぐ片付けていこう。

ゴミ屋敷清掃業者3選

首都圏でおすすめ

便利屋Station

便利屋Stationの公式サイト

粗大ゴミや生活ゴミなど、どんなゴミでも即日回収。24時間どんな時間でも来てくれるのも嬉しいところ。

公式サイトを見る

片付けられない.com

片付けられない.comの公式サイト

ADHDなどの病気を持つ方もOK。掃除が終わったあともコンサルタントがアドバイスしてくれる。

公式サイトを見る

便利屋一番星

便利屋一番星の公式サイト

ゴミ屋敷掃除から遺品整理まで何でも請け負ってくれる業者。料金が明確にHPに記載されているので安心。

公式サイトを見る

ページの先頭へ