ゴミ屋敷から脱出できる!プロ清掃業者を厳選紹介します

HOME » ゴミ屋敷に住み続けるリスクと危険性! » 法的措置をとられることも

法的措置をとられることも

ゴミ屋敷を取り締まる条例が増えている現在と、これからの法的処置について紹介します

法的措置についての画像

ゴミ屋敷対策に乗り出す自治体が増えてきた

日本各地、どこにもゴミ屋敷と呼ばれる家がある。なかでもゴミがあふれ出しているゴミ屋敷は周辺住民の迷惑となるため、自治体もひどいゴミ屋敷については状況を把握しながらも、どうにかしようと悩みながら取り組んでいるのが現状だった。

それというのもゴミ屋敷は家という個人のものだから、憲法で保障された財産権と公共福祉のはざまになるため対策が難しかったから。だから各自治体とも周辺住民とともに悩み続けていたんだよね。

ゴミ屋敷に対する条例

今までは所有者が「ゴミじゃなくて財産だ!」と言うと、ゴミ屋敷だとしても無理やり自治体がどうこうするのは難しかった。

足立区から条例を制定

でも13年の1月に施行された足立区の「生活環境の保全に関する条例」が、多くの自治体のゴミ屋敷への対応に参考になるようになった。

この「生活環境の保全に関する条例」は、ゴミ屋敷以外にも樹木や雑草がひどくなっている管理のいかない空き家にも適用されるもので、周辺住民に迷惑をかけているようなことを職員が現場を確認・調査して指導・勧告をする。

行政代執行が可能に

指導・勧告しても改善されないような場合、審議会を経て命令や公表、行政代執行が可能で、自治体が撤去することができるものだ。

これならあまりにひどいゴミ屋敷は所有者がどんなに「ゴミは財産!勝手なことするな!」なんて言っても自治体が撤去できるようになり、ひどいゴミ屋敷を取り締まることが可能になった。

今後はさらに条例が増える!

足立区の条例だけでなく、大阪市も2014年に住人がいるゴミ屋敷を自治体によって行政代執行できるように規定。

大阪市や京都市も行政代執行が可能に

続いて京都市も福祉面からのアプローチをしているが、同じく悪質なゴミ屋敷は行政代執行できるよう規定した。つまり色々な自治体が周辺住民の迷惑となっているひどいゴミ屋敷を撤去できるようになってきた。

命令に従わない場合は罰金も

さらには命令に従わない場合は罰金もあるなど、厳罰化しているのが現状。今後はさらに各自治体によって条例が増えるだけでなく、法的措置の可能性も考えられる。

処罰を受ける前にゴミ屋敷業者に依頼しよう

つまり、ゴミ屋敷はそれだけ迷惑な存在にしかなっていないということだね。今現在ゴミ屋敷に住んでいる方は、今のうちに何とかした方が身のためになると思うので、ぜひ行動に移そう。

すぐに対応してくれる清掃業者なら気が変わらないうちにゴミ屋敷から脱却できるのでオススメ!

ゴミ屋敷清掃業者3選

首都圏でおすすめ

便利屋Station

便利屋Stationの公式サイト

粗大ゴミや生活ゴミなど、どんなゴミでも即日回収。24時間どんな時間でも来てくれるのも嬉しいところ。

公式サイトを見る

片付けられない.com

片付けられない.comの公式サイト

ADHDなどの病気を持つ方もOK。掃除が終わったあともコンサルタントがアドバイスしてくれる。

公式サイトを見る

便利屋一番星

便利屋一番星の公式サイト

ゴミ屋敷掃除から遺品整理まで何でも請け負ってくれる業者。料金が明確にHPに記載されているので安心。

公式サイトを見る

ページの先頭へ