ゴミ屋敷から脱出できる!プロ清掃業者を厳選紹介します

HOME » ゴミ屋敷に住み続けるリスクと危険性! » 健康被害をおよぼすことも

健康被害をおよぼすことも

ゴミ部屋・汚部屋が健康におよぼす影響について、なぜ健康被害がでるのかを調べました。

健康被害の画像

ゴミ部屋にずっと住み続けるリスク

ゴミ屋敷になってしまった家に住んでいると、実は健康被害を受けるリスクがある。

「ただ汚いだけの部屋に住んでいるだけなのに、健康被害なんて大げさだよ」って思うかもしれないけど、これ実は結構本当。

じゃあどんな健康被害があるのか、いくつか調べてみたので紹介する。

ゴミ部屋・汚部屋がおよぼす健康被害例

アレルギー性鼻炎になりやすい

ゴミ屋敷や汚部屋に住んでいると、くしゃみが止まらなくなったり、鼻がムズムズしたりする。

これはアレルギー性鼻炎の症状の一つで、部屋が汚いがために動くたびほこりが舞い、カビなどを吸い込んでいることが多いからだ。

だから汚部屋に住み続けていると、今まで何ともなかったアレルギーにまで反応してしまうようになったりする。

害虫により感染症になる

ゴミ屋敷ではダニやハエ、ゴキブリと言った害虫が発生しやすい。害虫はただ気持ち悪いだけでなく、ウイルスや菌をまとっているため、部屋の衛生環境がとても悪くなる。

衛生環境が悪くなると食中毒などの感染症の原因となりやすく、さらに害虫の死骸が空気中に舞うことで、喘息やアレルギーの原因にもなる。

疲れやすくストレスがたまりやすい

部屋が汚れていたり散らかっていたりすると、人間は気づかないうちに心にストレスがたまるようになっている。

「部屋はちょっと汚い方が落ち着く」なんて言っている人も多いけど、それは勘違いだったりする。体は清潔な部屋の方が安心できるし、イライラが減ってストレスもたまりにくい。

部屋が散らかることでストレスがたまり無気力になりがちになる。

ネガティブになりやすい

汚い部屋に住んでいると、ネガティブ思考に陥りやすくなる。

「○○できないのは部屋が汚いからだ」「汚い部屋に住んでいるダメなやつだ」など、部屋の汚さを理由にネガティブになりやすい人が多い。

ゴミが増えていくことで生活全般だらしなくなるから、やる気がなくなってしまうのが原因。

取り返しがつかなくなる前に、清掃を依頼!

“ゴミが多いだけ”と思いがちだけど、ゴミ屋敷や汚部屋には色んな病気のもとになる可能性が潜んでいる。それを知っていてもまだ住み続けるのか、と考えたら、やっぱり片付けた方が良いよね!って結論に誰でもなると思う。

取り返しがつかない病気になる前に、思いきって業者に連絡してさっさと片付けてもらうのがオススメ!

ゴミ屋敷清掃業者3選

首都圏でおすすめ

便利屋Station

便利屋Stationの公式サイト

粗大ゴミや生活ゴミなど、どんなゴミでも即日回収。24時間どんな時間でも来てくれるのも嬉しいところ。

公式サイトを見る

片付けられない.com

片付けられない.comの公式サイト

ADHDなどの病気を持つ方もOK。掃除が終わったあともコンサルタントがアドバイスしてくれる。

公式サイトを見る

便利屋一番星

便利屋一番星の公式サイト

ゴミ屋敷掃除から遺品整理まで何でも請け負ってくれる業者。料金が明確にHPに記載されているので安心。

公式サイトを見る

ページの先頭へ