ゴミ屋敷から脱出できる!プロ清掃業者を厳選紹介します

HOME » ゴミ屋敷片付けマニュアル » 利用者急増の自治体の高齢者ゴミ出し支援制度を紹介

利用者急増の自治体の高齢者ゴミ出し支援制度を紹介

高齢になった両親の家を久しぶりに訪ねると、もう何週間もゴミ出しをしていない様子。ちゃんと捨てるように言ってもなかなか思うようにできない…ということで悩んでいる人は最近多いようで、オレもよく耳にする。

さまざまな事情があってゴミ出しに悩む高齢者は増加傾向にあり、戸別収集やゴミ出し相談などの支援に乗り出す自治体も増えてきている。関係機関に相談すればきちんと解決できる場合もあるから、詳しく紹介しよう。

全体の約2割で実施!自治体の支援制度を利用しよう

自治体の一部では高齢者のゴミ出し問題に対する支援制度の設置が進められているんだ。

国立環境研究所の調査報告書によると、実際に支援制度がある自治体は全体の約2割程度だが、政令指定都市に限ってみると8割以上が導入しており、規模が大きい自治体から先に取り組みが始まっているようだ。

その支援策としては、申し出のあった高齢者世帯のゴミを戸別回収したり、ごみヘルパーを派遣して分別や搬出を手伝ったりする方法がある。直接行政が行わなくても、シルバー人材センターや社会福祉協議会などの団体に委託して支援をしているケースもあるんだって。

ゴミ出しに特化した制度を設けていない自治体でも、介護保険制度などの福祉制度を活用して同じような支援を行っている所もある。最寄りの地域包括支援センターなどで相談してみるのも1つの手だ。

ほかには、地域のNPO法人や市町村のゴミ収集を請け負っている業者が、ボランティアの一環としてゴミ出しを手伝っているケースもあるみたい。

いずれにしてもこの高齢者のゴミ出し問題は社会的に大きな関心を集めており、今後ますます対策の充実が求められているところだ。

国立環境研究所の資源循環・廃棄物研究センターは平成29年5月に、自治体や地域団体、一般廃棄物事業者を対象として「高齢者ごみ出し支援ガイドブック」という調査報告書を発行したんだ。この中には高齢者のゴミ出しについての課題、支援のノウハウなど役立つ情報がまとめられている。

ゴミ出し問題に悩んでいる人は、支援の受け方や対処の仕方を学ぶ上でも、一度参考にしてみるのもよいかもしれないね。

参照元:国立環境研究所 資源循環・廃棄物研究センター

他人事ではない!?高齢者のゴミ出し問題

そもそも、なぜゴミを家に溜めてしまう高齢者が増えているのか。

  1. 体力的な問題でゴミ収集場まで運べない
  2. 体力が衰えて重いゴミを収集所まで運ぶことができず、つい溜めてしまってさらに運べなくなるという悪循環に陥る高齢者は多いようだ。頼る親戚が近くにおらず、ゴミを溜めていることが恥ずかしくて助けを求めることもできない…という人も少なくないみたい。

  3. 分別の細分化によって収集日がわからない
  4. 細かく指定されたゴミ分別の仕方がわからず、「収集不可」と突き返されて困り果てて溜めてしまうケースもある。認知症などを患って収集日がわからなくなる人もいるそうだから哀しいな。

  5. 精神的な問題でゴミ出しをする気力もない
  6. 連れを亡くして生きる気力を失ってしまい、ゴミ出しを含めた家事全般をしなくなる、いわゆる「セルフネグレクト」という状態だ。こういった場合にはもはや親族だけでなく専門家の助けも必要となるだろう。

ゴミ屋敷清掃業者3選

首都圏でおすすめ

便利屋Station

便利屋Stationの公式サイト

粗大ゴミや生活ゴミなど、どんなゴミでも即日回収。24時間どんな時間でも来てくれるのも嬉しいところ。

公式サイトを見る

片付けられない.com

片付けられない.comの公式サイト

ADHDなどの病気を持つ方もOK。掃除が終わったあともコンサルタントがアドバイスしてくれる。

公式サイトを見る

便利屋一番星

便利屋一番星の公式サイト

ゴミ屋敷掃除から遺品整理まで何でも請け負ってくれる業者。料金が明確にHPに記載されているので安心。

公式サイトを見る

ページの先頭へ