もうゴミ屋敷にならないためにしたい4つのこと

ゴミ屋敷にならないためにはどうすればよいのでしょうか?

ゴミ屋敷の住人だった人は、片づけたいと思った時、それと同時に片付けた後のことが不安になってくるそうです。それもそうでしょう。これまでゴミ屋敷の中にいたのですから、どうやって片付いた部屋の状況をキープしたらよいのか、自分にそれができるのか、わからなくて不安になるのも当然です。
でもその不安のせいで、片付けそのものに踏み出せないのでは非常にもったいないです。

そこでこのページでは、そうした不安を払しょくしてゴミ屋敷からの脱出に向けて、ゴミ屋敷にならないためにどうしたら良いかを、いくつかピックアップしてみました。

その①大事なのは場所決め!「片付け」のコツを学ぼう

片付けるのが苦手だったり、片付ける習慣があまりないような人は、はじめから「片付け」に対して臆病になっているところがあります。でも実際には、簡単なコツを押さえておけば、考えるよりも簡単に片づけを行うことができるのです。 まず部屋にものが散らからないようにするには、「物を置く位置を決める」ことです。そうすれば「使ったものは元に戻す」という動作、つまり片付けが行いやすくなり、結果として部屋が散らからなくなります。そして、「収納スペースを見直す」こともまた、片付けの大事なコツです。床に物を置くことは散らかる原因となるのでNGですが、かといってむやみに収納ケースを増やしてしまうのも、実は物が増えてしまう原因です。
どこに何があるか一目でわかり、取り出しやすいように、必要な分が収まるだけの適切な収納スペースを確保するのが良いでしょう。

最後に一番大事かもしれないコツが、「一度に全部、まとめて片付けようとしない」ことです。

一度にやろうとすると時間も労力も大変になりますから、「片付ける」ということ自体が嫌になってしまいます。今日はココ、その次はココ、と場所を決めてちょっとずつ行うことを習慣づけていきましょう。

その②いる、いらない、保留。捨てる事への意識改革

部屋がゴミ屋敷化してしまう人の特徴として、「物を捨てられない症候群」であることが挙げられています。生活をしていれば、どうしても物は増えていきます。本来であれば、その分不用となるものも出ますから、それを捨てればプラスマイナスゼロとなり、手元に残る物の量は増えません。

ですが物を捨てられない症候群の人は、なかなか物を捨てることができませんので、徐々に部屋に物が溢れてきてゴミ屋敷へと向かってしまうのです。こうしたものが捨てられない人は、捨てることに関して「いる」「いらない」の2択だけで選択しようとする傾向にあるようです。まずはその意識を改革してみましょう。

そしてこの2つの選択肢の他に、「保留」という3つ目の選択肢を加えてください。今は使わないけれどまた使うかも…、と捨てるのに迷いがあるものは、「保留」としてまた別にまとめておきましょう。その際、保留にする期限を決めておいて、その期限になってもまだ使わないようであれば処分するようにすれば、踏ん切りがつきやすいと思います。

その③困ったときの助け舟!相談できる誰かを作ろう

部屋の片づけは、ゴミ屋敷が悪化すればするほど大変になり、一人で何とかすることが難しくなります。「片付けたい」と思ったときに、一人で何とかできる程度ならばよいのですが、元々片付けが苦手だったりすると、なかなか作業が進まず結局途中で片付けを断念してしまい、状況を悪化させてしまうこともあるのです。

そうならないためにも、一人で抱え込むことをせず、勇気を出して誰かに相談するのも大切です。自分の家族や友人に相談してみるのも良いですし、もしそれが嫌であれば清掃業者に相談するのも良い方法です。ひどい状況のゴミ屋敷を片付けるとなると、時間もですが費用も想像以上に高額になることもあります。人に頼るのを恥ずかしく思ってしまうかもしれませんが、自分自身は当然ですが周囲の人にとっても、勇気を出して頼ってもらった方が良い結果を生むことにつながるそうです。

その④人の意見は素直に聞く。キレイ好きな人に家をチェックしてもらおう

片付けられた部屋をキープしていくためには、自分以外の人を家に招いてチェックしてもらうのも、一つの良い方法です。時間の経過とともに危機感も薄まって、片付けが終面倒になったり、「これくらいなら大丈夫かな」と、つい自分に甘くなってしまったりして、ゴミ屋敷予備軍に近づいてしまったら大変です!そんな時、第三者に部屋の様子を見てもらいアドバイスしてもらえれば、自分の状況を冷静に判断することもできるでしょう。

できれば定期的にきれい好きな人に家を訪ねてもらい、部屋の状態をみてもらうのも、ゴミ屋敷へ戻らないために有効な手段です。また来客のある部屋は、散らかりずらいもの。チェックのためでなくてもお友達を部屋へ招くことは、片付ける習慣をつけるのに役立つそうですよ。

まとめ

一人で抱え込まず、難しく考えすぎない

これまで片付ける習慣のなかった人は、片付いた部屋をキープしていくことをとても難しく考えてしまいがちです。ですが、実際に部屋を片付いた状態に保っていくのは、少しの工夫で可能となります。一人で抱え込まないで、他の人も巻き込んでいくのも、片付けを楽にしていくコツです。あれやこれやと難しく考えすぎないで、まず一つでよいので片付けのポイントを実行してみましょう。そうして無理をせず、「片付け」を楽しんでいけば、ゴミ屋敷に戻ることはなくなるはずです。

東京都内
対応
女性でも安心♩
選りすぐりの
ゴミ屋敷業者5選
       

ゴミ屋敷業者を選ぶときは自分の希望通りの片付けができるよう、いろいろな条件に対応してくれる業者が理想です。そこで、なんでも回収・即日対応・24時間対応に加え、

  • 便利なLINE対応が可能かどうか
  • 気遣い力♥を図る女性スタッフがいるか
  • ゴミ屋敷清掃の金額事例があるか(※)

に該当する業者を調べた表がこちらです(2020年3月時点)。片付けをお願いする際のご参考にどうぞ。
(※)部屋の大きさ、ゴミの量などが異なる可能性があります。ご参考程度にご覧ください。

▼スクロールして確認ができます▼

LINE
対応可
女性
スタッフ
有無
金額
事例
ゴミ屋敷
片付け
クリア
           90,000
グッド
クリーン
-
お部屋片付け
日本一
           120,000
東京スマイル
回収
-
Pro
Assist
129,600
ページのトップへ
ページのトップへ