ゴミ屋敷から脱出できる!プロ清掃業者を厳選紹介します

HOME » ゴミ屋敷片付けマニュアル

ゴミ屋敷片付けマニュアル

ゴミ屋敷の片付けはどうしたら良いのか。ゴミ屋敷片付けの基本を紹介します。

ゴミ屋敷を片付ける基本的な2つの方法

いつの間にか手に負えないほどゴミがあふれてしまったゴミ屋敷…片付けよう片付けようとは思っても、ゴミの量が多いだけに重い腰が上がらないものだ。

オレもそのうちの1人だけど、自分の家がゴミ屋敷だというのは認識しているんだよね。でも近所の人たちから「あそこゴミ屋敷みたいよ」なんて言われる前に、何とかしたいと考え始めた。

そこでゴミ屋敷を片付ける基本的な方法として、「自分で片付ける」「友達や家族に手伝ってもらって片付ける」の2つに注目。それぞれの方法やメリットを紹介するので、同じくゴミ屋敷に住んでいる人はどちらかを選んでみよう。

自分で片付ける場合

自分で長い時間をかけて築き上げたゴミ屋敷なんだから、まずは自分で何とかしなくちゃと思うのは当たり前かなと思う。

自分で片付けられるゴミ屋敷の広さはワンルームくらいかな。ただし水回りが機能していないと掃除もできないので、天井までゴミが積み上がっているようなゴミ屋敷は自分だけの力ではまず無理。

何とか生活できているレベルのゴミ屋敷までが素人で頑張れる範囲だと覚えておこう。このレベルのうちに片付けないと、自分ではもう手に負えないと思った方がいい。

自分でゴミ屋敷を片付けるメリット

  • 必要なものが見つかったら判断して取っておける
  • 自分のペースで進められる
  • 朝でも夜でも片付けができる

まずはひたすらゴミをざっくばらんに分類して段ボールに分ける、もしくはゴミ袋にどんどん詰めていく。ゴミ屋敷ってお弁当のゴミやペットボトルなど生活ゴミが多いから、ほとんどのものはゴミだって思った方がいい。

本当に必要なもの(現金や通帳、賃貸契約書など)以外は捨てる覚悟がないと、手が止まってしまうので注意。「こんなものが出てきた」「これは必要になるかも?」なんて考えていたら、ゴミを片付けるのに時間がかかりすぎてしまう。

あまりにゴミの量が多い場合はゴミの日まで家の中で保管できないので、片付けが終わったらすぐに車に積んで収集場に持ち込むのがベスト。車がない場合や運転できない場合は、この部分だけを業者に頼むのもあり!

友達や家族に手伝ってもらって片付ける

ゴミ量の多さや部屋の広さによっては1人では片付けが無理な場合もある。その時は意を決して、友達や家族に手伝ってもらうのがオススメ。

人手があるだけで1人でやるよりも効率が良いのではかどるし、ゴミをどんどん処分することができる。ゴミ量が多い場合は玄関からベランダまでのゴミをまず片付け、さらに大きなものから処分していくと良い。

その後捨てるものや迷っているもの、とっておくものを段ボールなどに分類してから片付けていこう。最後にゴミを全て片付けたらキレイに掃除をして終了。片付けを手伝ってくれた友達や家族にきちんとお礼を伝えたい。

友達や家族に手伝ってもらうメリット

  • 人手があるだけ、1人でやるよりも早く片付く
  • 「この日掃除する」と決めるため、必ず行動ができる

自分だけで片付けをしようとすると「やっぱ後回しにしよう」なんてなりがちだけど、手伝ってもらうからには必ず約束した日に実行しなくちゃいけないから、掃除はとてもはかどる。

だけど家がゴミ屋敷だってことを目の当たりにするわけだから、知らない友達や家族の場合はとても驚くことが多い。

友達の場合ちょっとハードルが高いから、まず家族に手伝ってもらえないかを聞いてみると良いかもしれない。

ゴミ屋敷の片付けはプロに任せるのが一番安心!

1人で片付ける場合、手間と時間がかかりすぎるし、友達や家族に手伝ってもらう場合、バレるのが面倒…となると、一番良いのはプロの清掃業者だと思う。

大切なものだけ指示しておけばきちんと取り分けてくれるし、経験豊富なスタッフならどんどん荷物を処分していってくれる。

もちろん料金はかかるが、買取できるものは買い取ってくれる業者やゴミを分別して廃棄処分してくれる業者なら、思っているよりも安く済む可能性がある。

ゴミ屋敷清掃業者の基礎知識

このカテゴリでは、知っておきたいゴミ屋敷清掃業者の基本を紹介。間違った業者を選んだりすると、料金を高く請求されるうえにゴミを全て引き取ってもらえない結果になったりする。

せっかくゴミ屋敷をキレイにしようと考えたのだから納得のいく結果を残したいもの。より良い業者を選んだりゴミ屋敷清掃の基本を学んだりすれば、清掃のイメージもつきやすくなるはず!

ゴミ屋敷清掃の知識を深めるために、まずは基本的なことを知っておこう!

業者に依頼したらいくらぐらい?

ゴミ屋敷の清掃を業者に依頼する場合、どれくらいの費用がかかるのか。各業者ではホームページ内で電話番号やメール問い合わせを用意してある。

まずはそこから見積もりを取るべきだけど、ある程度の目安を知らないと見積もりをとっても高いのか安いのかが判断できずに困ってしまうよね。

ゴミ屋敷清掃の費用相場は、ゴミの量によって大きく変わるから、まずは自分の家にどれくらいのゴミ量があるのかを把握すること。それからゴミの量別費用相場を確認して、だいたいどれくらいの費用がかかるのかを把握しておこう。

費用相場や費用の詳細を知っていれば、見積もりに来てくれた業者とも話がしやすく、高すぎる費用を請求されることも少なくなる。

ゴミ屋敷業者の費用について詳しく見る

失敗しない業者の選び方

ゴミ屋敷をキレイにするために最も大事なのは業者選び!業者選びさえ間違わなければ、たいていのゴミ屋敷や汚部屋は一発でキレイになれる。

最初はどの業者も見積もりを取るわけだけど、忙しい場合は相見積もりを取る時間もなく、すぐにどこかに決めてしまうことが多い。もちろんそれでも良い業者を見つけられればいいが、間違ってしまうと後々後悔することになってしまう。

そうならないためには、良い業者選びのポイントを知っておこう。「深夜まで電話受付」「即日対応」「どんなゴミでも処分可能」など、ポイントを少し知っておくだけでも業者選びがぐっと楽になる。

良い業者と出会えれば「清掃を頼んで失敗した!」なんてことはなくなるはず。

ゴミ屋敷業者の選び方について詳しく見る

清掃作業の流れ

問い合わせから作業開始まで、ゴミ屋敷清掃業者に頼むとどのような流れで進んでいくのか。初めて依頼する時は不安だらけだから、流れについて少しでも確認しておくと安心感が得られる。

一般的なゴミ屋敷の清掃の場合は、電話やメールなどからの問い合わせ、業者によるプラン提案と見積もり、作業準備や打ち合わせ、片付け作業、作業完了と支払い、の順番で進む。

基本的には作業は全部スタッフに任せられるから、あまり不安がる必要性はなく、どんと構えればOK!

作業当日立ち合いができない場合も、きちんと話し合いができていれば、間違って大切なものを処分されてしまうこともない。

ゴミ屋敷清掃作業の流れについて詳しく見る

【体験談】私はこうしてゴミ屋敷から抜け出した

ゴミ屋敷の住人がプロの清掃業者に依頼してどのようにゴミ屋敷を脱出できたのか、実際に体験した方の話を紹介。

リアルな話を聞くことで業者に頼んだ時のイメージもつきやすいってもの。これからゴミ屋敷を清掃業者に頼もうと考えている方は、実際に業者に清掃を依頼した人の体験談を多く読んでおくのがオススメ。

自分の家のイメージが付いたら、勇気を出して問い合わせから始めてみよう!

ゴミ屋敷の脱出成功体験について詳しく見る

ゴミ屋敷片付け業者の遺品整理・生前整理サービスを紹介

せっかくだから、個人的にオススメしているゴミ屋敷片付け業者のサービスについても説明しておこう。どういうサービスを依頼できるのかを知っておかないと、ゴミ屋敷の片付けを頼むことはできない。

ゴミを片付けるだけなら、どこの業者に頼んでも同じだと思うかもしれないが、じつは業者ごとにサービスの違いもある。

どういうサービスを求めているのかによって、当然オススメのゴミ屋敷片付け業者も変わってくるから、ざっと基本サービスの違いを押さえておこう。

べんり屋Stationの遺品整理・生前整理サービスとは?

べんり屋Stationは、東京を中心に関東エリアで活動しているゴミ屋敷片付け業者。おもに、粗大ごみの回収をメインで行っている。腐敗しているゴミなどの片付けには別途料金がかかるものの、家具や家電といった粗大ゴミの回収能力はピカイチ。しかも、少人数でやっているから料金も安い。

即日対応で、夜間の作業も引き受けてくれるから相続手続き中で忙しい人にもオススメ。ネットで見積もりを申し込めば、8パーセントの料金割引もしてくれる。

片付けられない.comの遺品整理・生前整理サービスとは?

片付けられない.comは、片付けることができないADHD(注意欠陥多動性障害)の方に特化したサービスも行っている片付け業者。ゴミ回収作業全般を請け負ってくれる。通常のゴミ回収だけでなく、遺品整理士や遺品査定士の資格をもつスタッフがいるから、遺品整理も適正価格でやってくれるぞ。

相続した家の遺品整理を行ったあと、その家に住もうと考えている場合も、作業後から最大半年のアフターフォローがついているので再度部屋がゴミ屋敷に戻ってしまうといった心配がない。遺品やゴミの分別から処分、整理までじっくりと付き合ってくれる業者といえる。

便利屋一番星の遺品整理・生前整理サービスとは?

便利屋一番星は、神奈川県を中心に東京でも活動しているゴミ屋敷片付け業者。ゴミの量に応じて、いくつもの料金プランを用意している。遺品整理では、通常の依頼以外にもマンションオーナーや不動産会社からの依頼も受け付けているのが特徴。

遠方にある家の遺品整理をしたい場合や、部屋丸ごとの処分はもちろん、思い出の品を分別しながらの遺品整理や生前整理もお願いすることができる。

遺品整理のまえ前に知っておきたい相続手続きの注意点

相続はたいていの場合ある日突然やってくるもの。とくに、親が離婚していたり、喧嘩別れして長いこと連絡を取っていなかったりすると、家族が亡くなってからいきなり相続の連絡が来ることも少なくない。

ゴミ屋敷と化している家の片付けも大変だが、故人の遺品整理をする場合、相続手続きについても注意が必要。よく考えずに遺品整理をしてしまうと、後悔してしまう可能性がある。遺品整理と相続手続きの注意点を紹介しよう。

遺品整理をしてもらったら相続放棄ができなくなる

ゴミ屋敷の相続をすることになったとき、故人の遺産を放棄する「相続放棄」という手続きを取る人も多い。ただ、もし相続放棄の手続きを取るまえに遺品整理をしてしまうと、相続放棄できなくなってしまう可能性があるので気をつけよう。

民法第921条には、故人の遺産を一部でも処分したらその人は相続することを承諾したことになるというルールがある。相続放棄をする場合は、さきに相続放棄の手続きを行ってからゴミの処分を依頼するのがオススメ。

なお、相続手続きができるのは相続を知ってから3ヶ月以内。あまり時間の余裕はない。

相続開始から10ヶ月以内に相続税を納めなければならない

相続開始から10ヶ月以内に、相続税を納めなければならない。10ヶ月経っても相続税を納めることができなければ、延滞税などが発生する。

相続財産にゴミ屋敷がある場合、貯金などほかの資産があまりないというケースもあるだろう。公平な相続や相続税の納税を行うために家を売るなら、ゴミの処分は必要不可欠。時間がないときは、プロの業者に頼んで手早くゴミを処分し、家を売ることのできる状態にしよう。

ゴミ屋敷片付け業者の店舗物件・競売物件の片付けサービスを紹介

ゴミ屋敷片付け業者では、ゴミ屋敷になっているマンションや一戸建てといった一般家庭のゴミ片付け以外にも対応している。ここからは、店舗物件や競売物件の片付けサービスについて説明していこう。

飲食店や事務所のオーナーをしている、不動産会社に勤めている、不動産オーナーとして賃貸物件に投資をしている、競売物件を安く手に入れたいと思っているなど、そういう人は特にゴミ屋敷片付け業者のサービスを知っておいて損はないだろう。

店舗物件片付けサービスとは

おもに、飲食店やオフィスなどで利用するサービス。店舗の移転、閉店、新規オープンのまえに利用することになる。とくに、移転の場合は既存店舗に残っている家具や調度品などの要不要を分別し、どの程度新店舗にもっていくかなどを判断しなければならない。移転のためにギリギリまで店舗で営業をつづけたいと考えている場合、既存店舗から新店舗への荷物の配送も短時間で行う必要がある。

日々の業務に加えて、これらの作業をするのは簡単ではないので、プロの片付け業者を頼るのがオススメ。店舗物件では、処分することになる不用品も一般家庭より大きなサイズのものが多くなるので、専門業者でないと作業を進めるのが難しい。

また、親や家族が商売をしていて、その人が亡くなったことがきっかけで家業をたたむ場合も店舗物件片付けサービスが活躍する。どういうものが必要でどういうものが不要なのか、ゴミをどうやって分別したらよいのかといったアドバイスを受けながら、荷物の処分をすることができるのは大きなメリット。

大量の不用品処分なら便利屋Stationがオススメ

店舗物件の場合、大量の生ゴミ処理や害虫駆除が必要になるケースはあまりない。その代わり、たとえば飲食店だとカウンターやテーブル、スツール、業務用の冷蔵庫など、自力で処分するのが難しいくらい重たくて大きな不用品がたくさん出る。

いわゆる大量の粗大ごみ回収に強いのが、便利屋Station。ゴミ屋敷片付け業者としては、最大で胸や顔の高さまでゴミが積み上げられた部屋の処分も行ったことがあるから実績も十分。

即日対応で夜間の作業もしてくれるため、営業時間外に一気に不用品を片付けたい、というニーズにもぴったり。

競売物件の片付けサービスとは

ゴミ屋敷片付け業者が提供するサービスのなかには、競売物件の片付けサービスも含まれる。競売物件の場合、以前のオーナーがゴミや不用品を大量に残したまま放置しているというケースが割と多い。新しく借り手や買い手を見つけたり、家を解体して更地にしたりするまえに、不用品を片付ける作業が不可欠。

ゴミや不用品の種類は競売物件によって違うため、さまざまな不用品処分に対応している業者を選ぶのがポイント。一般家庭ではあまり活躍する機会のないサービスだが、店舗物件片付けサービスと同じく、とても重要なサービスといえる。

競売物件ってそもそもなに?

前提として、競売物件についても説明しておこう。競売物件とは、借金のカタに差し押さえられ、裁判所によって競売にかけられた物件のことを意味する。お金を返すことができなくなって差し押さえられた物件であり、引越しとは条件が違うため、家具や家電といった家財道具のほかに、ゴミなどが残されていることも少なくない。

また、競売物件の片付けサービスでは居住者が夜逃げしてしまった物件や、家族のいない居住者がなんらかの理由で亡くなってしまった物件の片付けなども含まれる。

競売物件の片付けサービスはハウスクリーニングできる業者を選ぼう

競売物件は、不用品の処分と掃除をしないとつぎの借り手や買い手を探すことができない。おもに、不動産会社や不動産のオーナーが依頼をして物件の片付けを行うことになる。また、クリーニングが必要になるケースもあるため、競売物件の片付けサービスを利用するなら、不用品処分だけでなく害虫駆除やハウスクリーニングができる業者を選ぶのがオススメ。

孤独死やペットの死臭にも対応!ゴミ屋敷片付け業者の特殊清掃を紹介

ゴミ屋敷片付け業者は、ゴミの片付けや不用品の処分を自分の代わりに行ってくれる。時間と熱意をかければ自力でなんとかできる作業も少なくないが、なかには素人ではどうしても対応できないケースもある。それが、自殺や事故死、他殺、孤独死、ペットの死亡などが起きた物件などを掃除する、特殊清掃というサービス。

ゴミ屋敷片付け業者の特殊清掃サービスについて説明していこう。

年々孤独死の数は増えている

少子高齢化が大きな問題となっている日本において、一人暮らしをしている高齢者の孤独死は年々増えている。内閣府の調査である「平成28年版高齢社会白書」(※)によると、平成26年に自宅で亡くなった東京23区内の65歳以上の高齢者数は「2,891人」にのぼる。さらに、孤独死とみられる遺体が死後1週間以上経ってから発見されたケースは、同じく平成26年だけで「186件」だった。

当然のことながら、家の中で人が亡くなって時間が経過すると、遺体は腐敗し、虫が湧いてしまう。血液や腐敗した体液、腐敗臭に死臭、害虫の発生といった問題を解決するためには、特殊な道具を使った清掃、つまり業者による特殊清掃が欠かせない。亡くなった方がペットを飼っていた場合、えさをもらえずにペットも亡くなってしまうため、二重に死臭が発生する場合もある。

遠方で親が一人暮らししているという人、賃貸物件のオーナーをしている人は、孤独死と特殊清掃について知っておくとよいだろう。

※ 参考URL: 内閣府「平成28年版高齢社会白書(全体版)」

自力での対応を困難にする孤独死やペットの死臭・汚れ・害虫駆除

事故物件や孤独死の現場で、自力での清掃が難しい理由は3つある。1つは臭い。もう1つは汚れ。最後の1つは害虫によるウイルス感染の危険性。なかでも、孤独死やペットの死臭、腐敗臭はすさまじく、掃除のために部屋に入ることすらできない場合も多い。

また、汚れを落とすのも素人では困難。血液や腐敗した体液などを一般的な洗剤で掃除したとしても、臭いも汚れもきれいにはならない。クロスなどの内装、カーテンといった家具に染み付いた臭いを除去するためには特殊な薬剤が必要で、処分にも注意を払わないといけない。

それに、室内で発生する害虫も問題。人間はもともとさまざまな細菌をもっているため、孤独死の現場で発生した害虫が原因で、他人がウイルス感染を起こす危険性もある。確実に害虫駆除をするためには、業務用の薬剤は必須だ。

特殊清掃ができるゴミ屋敷片付け業者は早めに探そう

もし親の住まいや自分が賃貸に出している物件で孤独死が起きたら、遺品整理をするまえに、特殊清掃をしてくれるゴミ屋敷片付け業者を探そう。

特殊清掃をするためには、防護服や業務用の消臭剤、薬品に加えて、強烈な死臭や汚れに耐えることができるスタッフが必要だ。しかし、これらをすべて用意するのは大変である。そのため、特殊清掃に対応していないゴミ屋敷片付け業者も多いので、早めに対応可能な業者を探すようにしよう。民間資格だが、事件現場特殊清掃士をもっているスタッフがいると心強い。

また、特殊清掃と遺品整理をそれぞれ依頼すると費用も余計にかかる。両方まとめて依頼できる「片付けられない.com」のような業者であれば、無駄なお金をかけずに特殊清掃から遺品整理まで任せることができるのでオススメ。

特殊清掃が必要な場所を、無理して自力で掃除する必要はない。できないことはプロに任せるのが一番だ!

ゴミ屋敷清掃業者3選

首都圏でおすすめ

便利屋Station

便利屋Stationの公式サイト

粗大ゴミや生活ゴミなど、どんなゴミでも即日回収。24時間どんな時間でも来てくれるのも嬉しいところ。

公式サイトを見る

片付けられない.com

片付けられない.comの公式サイト

ADHDなどの病気を持つ方もOK。掃除が終わったあともコンサルタントがアドバイスしてくれる。

公式サイトを見る

便利屋一番星

便利屋一番星の公式サイト

ゴミ屋敷掃除から遺品整理まで何でも請け負ってくれる業者。料金が明確にHPに記載されているので安心。

公式サイトを見る

ページの先頭へ