今すぐ汚部屋から脱出せよ!ゴミ屋敷掃除・回収業者ガイド24時【首都圏版】

ゴミ屋敷から脱出できる!プロ清掃業者を厳選紹介します

HOME » ゴミ屋敷掃除・回収業者ガイド » 自力で出来る?ゴミ屋敷&汚部屋の片づけポイント » 女性

女性

一口に汚部屋と言っても、住んでいる人の性格や生活習慣によって原因や特徴はさまざま。ここでは女性が陥りやすい汚部屋の特徴と、改善のポイントについてご紹介していこう。

女性の汚部屋で気を付けたい事

その1「服が溢れてしまう」

女性の汚部屋の原因となる一番の理由は洋服だ。キレイに洗い、しっかりと乾かした洗濯物も、整頓する場所が定着しなければ汚部屋の要因。そんな洋服で溢れかえってしまう前に、どのようなポイントに注意すべきか見ていこう。

持っている洋服をリストアップする

女性の洋服はパーツごとにアイテムがあるので、数が増えていくのも当然だが、洋服やアイテムの数を把握することから始めてみよう。

必要なものと不要なものを分ける

洋服を手放せない理由に「いつか着るかも」という考えが働いて、なかなか手放せないことがあるはずだ。迷ったら、まずは着てみること。そうすることで「意外と似合わないな」と捨てる気持ちになれるかもしれない。

アイテムごとに収納場所を決め、それに合わせて必要な洋服の枚数まで決めておけば、物を増やさずに済むのだ。

その2「収納は無暗に増やさない」

物を貯め込む癖が身に付いてしまった方にとって、収納することでアイテムが見えない状態は逆効果になってしまう場合がある。そのため収納は“しまう”のではなく“置き場所を決める”ようにしてスペースを設けるとよいだろう。

見える場所に置くようにすると、本当に必要な副以外は邪魔に感じてくる。そうして「不要」と思えた服はこまめに処分しよう。みるみる部屋がスッキリしてくるはずだ。

新たに服を買うときも、欲しいから買い足すのではなく、必要数を補うために購入するように決めておくと、物が圧迫するような汚部屋を解消していけるぞ。

その3「もったいなければ売る」

せっかく気に入って購入した洋服を捨てるのは、やはり気が引けるもの。なのでリサイクルショップやオークションを活用して、換金してみるのも賢い片付け法の1つ。

礼服やスーツなどは着る機会が少ないのに大きな収納スペース必要だ。一方で値段が付きやすいというメリットもある。買い取り金額の相場は数百円と過度の期待はできないが、手放すものが換金できるという方法はぜひ活用すべきだ。

部屋をキレイにして得たお金には少し特別な想いも湧く。キレイな部屋を維持しようという気持ちにもなれるかもしれない。

その4「汚部屋は太る?」

一見結びつかないようでも、汚部屋と肥満には関連性がある。汚部屋で過ごすことで物以外にも、体内に不要な脂肪も貯め込んでしまうのだとか。

物で溢れかえった汚部屋にいると、目に入ったものを無意識に「必要か・不必要か」という判断に迫られ、知らずの内にストレスを感じてしまうと言われている。

自分では居心地の良い空間と思っていても、心の奥底ではストレスが蓄積しているのだ。

そうなると自然と体調が崩れたり見た目にも悪い変化が出たりと、負のサイクルが出来上がってしまう。これらを改善するために、まずは目に見える部分から片付けを始めてはいかがだろうか。

ページの先頭へ