今すぐ汚部屋から脱出せよ!ゴミ屋敷掃除・回収業者ガイド24時【首都圏版】

ゴミ屋敷から脱出できる!プロ清掃業者を厳選紹介します

HOME » ゴミ屋敷掃除・回収業者ガイド » 自力で出来る?ゴミ屋敷&汚部屋の片づけポイント » ゴミ屋敷化した実家への対処法

ゴミ屋敷化した実家への対処法

高齢者のみの世帯がゴミ屋敷になってしまうケースは決して少なくない。子どもたちが独立して家を出ていったあと、両親が2人で暮らすというのはよくあるパターンだ。最初は元気に暮らしていても、歳を重ねていくにつれ、やがて体力が低下していくもの。本来は整理整頓が得意・好きだったような人にでも、ゴミ捨て・整理整頓などの「モノの処理」は、加齢によりなかなかの重労働感じられるようになる。ここでは、実家がゴミ屋敷化するのを防ぐ方法や、帰省しないでいた間に完全にゴミ屋敷になってしまった実家への対処法などをまとめてみたぞ。

早めの対応が大切

ゴミ屋敷にはなっていなくても、あきらかに不用品と思えるものが増えてきたと感じたら、すぐに対処することが大切だ。同居している場合は片付けを手伝えるのででまだ安心だが、そうでない場合は可能な限り帰省の回数を増やすなどして、不用品が増えるのを防がなくてはならない。

ゴミ屋敷化への危険信号リスト

  • 空きビンや空き缶、古新聞や古雑誌などがたまっている
  • 所定の位置に物がなく、床には脱ぎ捨てた服などが放置されている
  • 消費期限が切れた食品がたまっている
  • 同じ物の買い置きが過剰にある

ゴミ屋敷になってしまう兆候はいろいろあるが、その中でも良く見られる兆候の例を上記に挙げてみた。この兆候が見られたら同時に、認知症の症状の可能性もある。ゴミが溜まってしまうと火事のような何らかの事故の原因ともなり得る。頻繁な帰省がどうしても難しい場合は、自治体や介護サービスなどに相談してみることをおすすめするぞ。

実家を片付けるのは簡単ではない

不用品がたまってきた実家の片付けをする場合、いくら実家だからといって、細やかな気配りをせずに、次々と物を処分したりしてはいけない。親には親の価値観や生活リズムがある。自分の意見を押し付けたりするのも論外だ。実家のゴミや不用品を片付けるときに発生しやすいトラブルの原因を紹介するので、ぜひ気を付けてみてほしい。

1.不用品であるかどうかの確認を怠る

自分にとっては不用品にしか見えない物であっても、親にとっては違うかも知れない。大切な物をゴミ扱いされたら、誰だって気を悪くするものだ。ただ、親が認知症などを患っている場合、「どう考えても処分すべきもの」を大切に保管していることがある。そんなときは「これ、もらってもいい?」と許可をとり、自分の家に返ってから処分する方法がおすすめだ。また、持ち帰ることができないような大きな物の場合は「部屋を広く使えるようになると、だいぶ過ごしやすくなるよ」など、前向きな提案しつつ行動を促していこう。

2.物を勝手に移動する

親は毎日その家で暮らしているのだから、置いてある物を勝手に動かしてはいけない。「自分だったら、ここにこれを置いて、こっちは処分したほうが便利なはず」などと考え、よかれと思って物を移動させてしまっては親の生活リズムをこわすことにもつながりかねない。

3.古い道具を粗末に扱う

実家にかなり古いタイプの家電などがあり、親がまだそれを使っている場合にも注意が必要だ。親切心から「新しいタイプのほうが省エネだし高性能だから、買い替えておいたら喜ぶかな」などと考える人もいるだろう。けれども、親はそれを「よけいなお世話」だと感じてしまう場合もあるんだ。多少効率の悪い家電でも、使い慣れたものを大切に使い続けたいという思いが強い可能性もある。「勝手に新しい物と取り替える」ことはこちらの考えを押し付けているだけでは、険悪な状態になりゴミ屋敷化を加速させることにもつながりかねない。

実家を片付けるときに念頭に置くべきこと

家を片付けるといっても、目的によってその方法はさまざまだ。例えば、「若い人の引っ越しの手伝い」と「実家の片付け」は全く違う。若い人はインテリアのこだわりを優先したりするかもしれないが、高齢の両親にもっとも大切だといえるのは「安全性」だ。

安全に片付けをするためのグッズ

高齢で体力が落ちてきたとはいっても、両親がまだ元気な場合におすすめしたい。重い物の上げ下げ時などに、身体に大きな負担がかからないようにする収納アイテムはたくさん市販されている。また、低いところにあるものを取り出すときに不自然な体勢でかがんだりする必要がなくなるような、引き出し式の収納アイテムなども簡単に手に入る。そういった道具をプレゼントしたり一緒に使ったりしてみてはどうだろう。使いやすい収納グッズを用意することで、片付けが楽になり、ゴミ屋敷化しづらくなるはずだ。また、タンスなどの大きな家具が、地震が起こった場合に倒れてこないようにするためのアイテムを設置しておくことも重要だそ。

手におえないほどの不用品が溜まっていたら業者を検討しよう

「以前より不用品がたまってきた」程度であれば、子ども側で対処して片付けを手伝うことで解決できる。けれども、完全なゴミ屋敷になってしまった場合には、やはりプロのゴミ屋敷掃除業者に頼むのが賢明だといえる。片付けると、当然ホコリが舞うし、生ゴミが混ざっている場合はカビや害虫が発生している可能性もある。片付け自体にたくさんの危険がひそんでいるので、やはり専門のスタッフさんに任せるのが安心だ。

親の気持ちを考える

もちろん、強引にゴミ屋敷掃除業者にすべて委ねるような方法はおすすめできない。あるいは「こんなの、まだ持ってたの?」「どうせ使わないんだから捨てたら?」「もしかして、ボケてきたんじゃない?」などのセリフを発することは論外だ。両親を傷つけてしまう。

問題解決のために、じっくり話し合う

よほど緊急の場合ではない限り、親としっかり話し合いを重ねることが大切だ。プロに片付けをお願いは避けられないとしても、親の要望に応えられるはずだ。たとえば、「この引き出しの中身は触らないで欲しい」「これだけは、使わないけれども私の宝物だから捨てたくない」「どこかに埋もれている、失くし物を探し出して欲しい」など、業者さんに相談すれば対応してくれるだろう。心の中では「子どもに迷惑をかけたくない」と思っている親が多いので、親身になって行動すれば、親の気持ちも和らいでいくはずだ。

話し合いがうまくいかないときは

一方で、肉親同士だとどうしても意地を張ってしまうこともある。親への説得を行うサービスをしている会社もあるので、どうしても困ったら相談してみるのもいいかもしれない。

ゴミ屋敷清掃業者3選

首都圏でおすすめ

べんり屋Station

べんり屋Stationの公式サイト

今すぐゴミ屋敷から脱出したい人におすすめ。生活ゴミから粗大ゴミまで、規模を問わずに24時間即日回収してくれる。

公式サイトを見る公式サイト

今すぐゴミ屋敷から脱出したい人におすすめ。生活ゴミから粗大ゴミまで、規模を問わずに24時間即日回収してくれる。

片付けられない.com

片付けられない.comの公式サイト

ADHDをはじめ、片付けが苦手な人をトータルサポートしてくれる業者。総持寺を終えた後もゴミが溜まってないか定期的にチェックしてくれるぞ。

公式サイトを見る公式サイト

ADHDをはじめ、片付けが苦手な人をトータルサポートしてくれる業者。総持寺を終えた後もゴミが溜まってないか定期的にチェックしてくれるぞ。

便利屋一番星

便利屋一番星の公式サイト

家の掃除や草むしり、引っ越し作業や遺品整理など、何でも請け負う便利屋さん。人手が必要な複数の作業をまとめて依頼したい人に向いている。

公式サイトを見る公式サイト

家の掃除や草むしり、引っ越し作業や遺品整理など、何でも請け負う便利屋さん。人手が必要な複数の作業をまとめて依頼したい人に向いている。

ページの先頭へ