今すぐ汚部屋から脱出せよ!ゴミ屋敷掃除・回収業者ガイド24時【首都圏版】

ゴミ屋敷から脱出できる!プロ清掃業者を厳選紹介します

HOME » ゴミ屋敷掃除・回収業者ガイド » 自力で出来る?ゴミ屋敷&汚部屋の片づけポイント » 家をゴミ屋敷化してしまう家族

家をゴミ屋敷化してしまう家族

家族が何らかの原因でゴミ出しや片付けをしなくなり、汚部屋化あるいはゴミ屋敷化が進行していく…。家族の他のメンバーは、こういった状況にどう対処していけばよいのだろうか。他人にはなかなか相談しにくい問題なだけに、解決策が見つからずに困っている人も多いはず。ここでは、問題の原因や家族が配慮すべきこと、とるべき行動などを紹介しているぞ。

ゴミ屋敷の状態とその原因

ひとくちにゴミ屋敷といっても、その状態や深刻度はケースバイケースだ。すでにゴミ屋敷の住人となってしまった人も、あるいは家がだんだんゴミ屋敷化しつつある人もいる。ここで例として取り上げているゴミ屋敷の「状況」と「考えられる原因」を自分の場合と比べてみてくれ。状況を改善するためのヒントになるかもしれない。

ケース1

状態

家族と同居しており、自分の部屋を中心としてゴミを溜め込んでしまう家族がいるケースだ。部屋の中で発生し始めた生ゴミの異臭は、やがて家全体に広がっていく。そのため、ゴキブリなどの害虫、ひどいときにはネズミなどの害獣まで発生するようになり、同居している家族にはかなりのストレスとなってしまうんだ。

加えて、本人を説得しようとしても抵抗されてしまうので、留守中などに片付けを強行すると、今後勝手にゴミを片付けられることを防ぐため、部屋にひきこもりがちになる。しかも、収納スペースやベッドの下などにゴミを隠すかのように溜め込むようになる恐れもあるケースだ。

考えられる原因

「まだ使える」が口ぐせで、物を大切にするタイプの人がいるが、それが度を超すと問題になる。何も捨てることができなくなってしまうんだ。また、完全に壊れている物であっても、それを長く使っていた場合など「これは自分が今まで生きてきたあかしだ」という思いを持っていることもある。モノを大事にし過ぎる性格が引き起こしてしまうケースと言えるな。

ケース2

状態

ゴミ捨て場などに捨てられているモノを持って帰ってきてしまうケース。いつかは使おうと考えてはいるが「○○な状況だから、○○が必要だった」といったような明確なこだわりや理由がない場合が多い。そのため、同居している家族などにそれを処分されても、本人は気づかない。

しかし、処分できるからといって、深刻な問題に発展しないわけではない。頻繁に拾っては持って帰ってきてしまう場合、片付くことがないだけでなく、気を許したらあっという間に完全なゴミ屋敷化してしまう状態だ。リサイクル料や撤去するのにお金がかかる物、あるいは捨て方がよくわからない物も拾ってくるため、とても対処に困るケースだ。

考えられる原因

その物が必要かどうかということよりも、ゴミや不用品自体に価値があると思いこんでいる可能性がある。また、物に囲まれて過ごすことに安堵感をおぼえるケースも。大切なのは、とにかく「物の量」となってしまうが、整理整頓をするとは限らないため、ゴミ屋敷となってしまう。

ケース3

状態

片付けが苦手な状態で一人暮らしをしているケース。実家で暮らしていた時のように、替わってしてくれる家族がいないため、自然とゴミ屋敷化してしまうんだ。食事するときに使用したトレイや食器、あるいは食べこぼしや食べ残しは散らかし放。服も脱ぎ捨てたままになり、生活で生じるゴミや物がいたるところに放置されてしまうんだ。

それらを片付けることなく過ごしていくため、ゴミは広がり、そして層になって積もっていく。床や机の上だけではなく、敷いたままの布団もゴミで覆われていく。寝るときも、布団の上にはゴミが乗ったままの状態になってしまう。

考えられる原因

気力や体力の不足が原因している可能性もある。慢性的な疲れだけでなく、うつやセルフネグレクトなどが原因で、ゴミ出しを含めたほとんど全ての作業を放棄していることも考えられる。また、本人や家族が自覚していなかっただけで、発達障害などの影響で、ゴミの捨て方の冊子などを読んでもきちんと理解できていないことも考えられる。あるいは、理解していてもゴミ出し作業をするための集中力が続かず、結局ゴミを溜め込んでしまうケースだ。

ケース4

状態

勤務時間が不規則な仕事などに就いているケース。例えば医療関係者などの場合、深夜シフトを担当しているときは疲労の度合いが限界に達していることもある。常に疲れが抜けないため、午後からの勤務の日や休日は、朝のゴミ出しに間に合うように起きれない状態が続く、徐々にゴミの量も増えてしまう。

考えられる原因

ゴミを出す時間帯と生活リズムを合わせることが困難なケースだ。1人暮らしの場合は解決策を見つけにくい。疲労が溜まっていると、料理をするのが面倒になるため、コンビニのお弁当などで食事を済ますことが増える。そうすると、さらにゴミが増えやすくなってしまう。

もちろん、医療関係者だけではない。プレッシャーがかかる仕事についている人にしばしば見られるパターンだ。ストレスのたまりやすい職場環境なども含め、精神的疲労が大きな要因になっている。

解決するには専門家に相談するのが適切な場合も

住まいをゴミ屋敷化してしまう理由はさまざまだ。だから、それぞれの場合に適した対処方法を家族で考えることが重要だ。ただし、病気やストレスの影響で片付けやゴミ出しができなくなっているような場合には、専門家に相談することをおすすめする。発達障害や認知症、うつ、セルフネグレクト、ホーディング症などが原因だと考えられるときは、まずは医師に診てもらうことが大切だ。適切な治療を受け、アドバイスを受けた上でゴミ屋敷問題に対処していくのがベストだ。

買い物依存症や重度のストレスを抱えている場合も同様だ。心療内科や心理カウンセラーに相談することで、解決策が見えてくるかもしれない。

家族ができる片付け作業とは?

ゴミ屋敷化してしまった部屋や家を、どのように片付けていったらよいのだろうか。また、その際に注意したいポイントは何だろうか。また、片付けをはじめる上でも注意が必要だ。ゴミ屋敷の原因をつくってしまった本人が家族によるゴミの片づけや掃除を受け入れてくれる場合は、スムーズに片付け作業を始めることができる。

一方、片付けを提案しても、本人から抵抗を受け、誠実に説得をしようと試みてもうまくいかないことも少なくないだろう。強引に片付けを強行してしまっては、家族間とはいえ信頼関係を失い、心を閉ざしてしまうかもしれない。

ここでは、掃除や片づけを拒否している相手の気持ちを、できる限り傷つけずに、少しずつ状況を改善していくための具体的方法をいくつか紹介している。ぜひ参考にしてみてくれ。

危険性のあるゴミを優先的に片付ける

住人や近所の人に危険や被害を及ぼす可能性のあるゴミだけでも、とにかく処分する必要がある。特に、コンロ付近にある可燃性のゴミなどは最優先だ。火事に繋がってしまう恐れがあるからだ。また、とがった物やガラスでできている物なども、ケガをする前に取り除きたい。その他も、生ゴミの臭いは近所まで伝わってしまうため、迷惑をかける前に処分しておきたい。これらのゴミに関しては同居していない場合はゴミを持ち帰る、同居している場合はゴミの日まで本人の目につかない場所に保管しておくとよいだろう。

捨てるのではなくもらう

捨てるのは拒否された物でも「欲しいから、ちょうだい」と言って、それをもらうという方法もある。ただし、同居している場合だと、それを捨ててしまうわけにはいかない。そのため、これは、別々の場所で暮らしている場合にのみおすすめできる方法だ。一度にたくさんのモノを処分するのは難しいかもしれないが、少しずつ着実に片付けを進められるだろう。

本人に気づかれないような片付けの仕方をする

ゴミが積もってかなりの高さになっている場合は、下の方にあるゴミを集めて片付けていく。少し強引な方法ではあるが、上の方に積もっているゴミに関しては、本人が把握している可能性が高い。だが、埋まっていて見えないゴミなら本人も把握しきれていない、という考え方だ。あるいは、同じ理屈で、普段は本人の目につきづらいクローゼットの中などのゴミから着手するという方法もあるぞ。

リフォームをする

ゴミを片付ける理由として、いっそのことリフォームをするという方法だ。リフォームを機に家のモノを減らすという理由なら、本人も「それならしょうがない」と協力してくれるかもしれない。また、ゴミに含まれる水分などによって床が腐ってしまうなど、ゴミ屋敷状態は家を傷める原因となる。ゴミ屋敷歴が長いときには、長く家に住むためにも、実施してみると良いだろう。

家族だけで悩まずゴミ屋敷清掃業者に相談してみる

どうしても状況を打開が難しい場合は、恥ずかしがらずにゴミ屋敷清掃業者への相談をおすすめするぞ。片付けやゴミ出しができない家族が、家をゴミ屋敷にしてしまう問題はそれほど珍しい問題ではない。だからこそ専門の業者がいるというものだ。

もちろん費用はかかってしまうが、ゴミ屋敷清掃業者に頼めば、驚くほどスピーディーに片付けをしてくれるぞ。最近の業者は、近所の方々に気付かれないよう配慮した方法で作業をするサービスや、片付けられることに抵抗を示している人にやさしく親切な説得を試みてくれる業者もあるんだ。他にも、いったんきれいになった家が再びゴミ屋敷に戻ってしまうのを予防するアドバイスをくれる業者もいる。

どうにも立ち行かなくなった時には、依頼をするかどうかは置いておいて、一度相談だけでもしてみると解決の糸口が見えるかもしれないぞ。

ゴミ屋敷清掃業者3選

首都圏でおすすめ

べんり屋Station

べんり屋Stationの公式サイト

今すぐゴミ屋敷から脱出したい人におすすめ。生活ゴミから粗大ゴミまで、規模を問わずに24時間即日回収してくれる。

公式サイトを見る公式サイト

今すぐゴミ屋敷から脱出したい人におすすめ。生活ゴミから粗大ゴミまで、規模を問わずに24時間即日回収してくれる。

片付けられない.com

片付けられない.comの公式サイト

ADHDをはじめ、片付けが苦手な人をトータルサポートしてくれる業者。総持寺を終えた後もゴミが溜まってないか定期的にチェックしてくれるぞ。

公式サイトを見る公式サイト

ADHDをはじめ、片付けが苦手な人をトータルサポートしてくれる業者。総持寺を終えた後もゴミが溜まってないか定期的にチェックしてくれるぞ。

便利屋一番星

便利屋一番星の公式サイト

家の掃除や草むしり、引っ越し作業や遺品整理など、何でも請け負う便利屋さん。人手が必要な複数の作業をまとめて依頼したい人に向いている。

公式サイトを見る公式サイト

家の掃除や草むしり、引っ越し作業や遺品整理など、何でも請け負う便利屋さん。人手が必要な複数の作業をまとめて依頼したい人に向いている。

ページの先頭へ