ゴミ屋敷から脱出できる!プロ清掃業者を厳選紹介します

HOME » なぜゴミ屋敷になってしまうのか?その原因をリサーチ » なんらかの病気の可能性も

なんらかの病気の可能性も

うつなどの精神疾患によってゴミ屋敷化しているなど、ゴミ屋敷と関わり合いの深い病気について調べました。

ゴミ屋敷と病気の関係についての画像

ゴミ屋敷と精神疾患の関係性

ゴミ屋敷や汚部屋になってしまう人は、ただ“だらしがない性格”というよりも、精神疾患の可能性が高いそう。

通常ならゴミがあまりにも散らかっていれば片付けようという気持ちが起こるものの、ゴミ屋敷や汚部屋の住人はその感情がわかない。片付けようと思っても片付けができない。

このような状態になるには、何らかの精神疾患や発達障害が関わっているのかも、という見方が増えてきた。

ゴミ屋敷になっている方は「もしかしたら自分も精神疾患(発達障害)なのかも?」と疑ってみては。原因が分かれば対策もしやすくなるはず!

どんな精神疾患(発達障害)が考えられるのか

ADHD(多動性障害・注意欠陥)

注意力がなく、常に落ち着きのない行動を繰り返す。整理整頓ができない。衝動的・突発的に動いてしまうので、周りを驚かしたり事故にあったりしやすい。

セルフネグレクト(自己放任)

セルフネグレクトは通常の生活を維持するための行動に対する意欲や能力を失う疾患。

必要な食事を取らない、風呂にも入らず不衛生な環境に身を置く、医療すら拒否するなど、自己の安全や健康を損なう生活をする。

その結果、部屋のゴミを片付けることができず、ゴミ屋敷になってしまう。

アスペルガー症候群

認知・コミュニケーション能力に軽度の障害を持つ、自閉症の一種。場の空気が読めなかったり、特定のことにこだわったり、極度な緊張をしたりするなどの症状がある。

自分の用が済んだものには興味がわかなくなる結果、片付けることができず、その結果ゴミ屋敷になってしまうパターンがある。

認知症

認知症は「収集癖」が現れることもある。物を集めたり拾ってきたりする症状が出て、さらに精神障害である「強迫性障害」を伴うと、ゴミを大切なものだと認識し、周りが撤去しようとしても拒絶することもあり、ゴミが部屋中に溜まってしまう。

ゴミ屋敷清掃業者3選

首都圏でおすすめ

便利屋Station

便利屋Stationの公式サイト

粗大ゴミや生活ゴミなど、どんなゴミでも即日回収。24時間どんな時間でも来てくれるのも嬉しいところ。

公式サイトを見る

片付けられない.com

片付けられない.comの公式サイト

ADHDなどの病気を持つ方もOK。掃除が終わったあともコンサルタントがアドバイスしてくれる。

公式サイトを見る

便利屋一番星

便利屋一番星の公式サイト

ゴミ屋敷掃除から遺品整理まで何でも請け負ってくれる業者。料金が明確にHPに記載されているので安心。

公式サイトを見る

ページの先頭へ