ゴミ屋敷から脱出できる!プロ清掃業者を厳選紹介します

HOME » 2度とゴミ屋敷に戻らないために…その後のケアの重要性 » 部屋をきれいに保つコツを伝授

部屋をきれいに保つコツを伝授

ゴミ屋敷をキレイにしたあとも部屋をキレイに保つには?片付けや掃除のポイントを紹介

部屋のキレイを保つコツの画像

片付け後の“キープ”が重要!

ゴミ屋敷を清掃して無事にゴミの山から脱出できたら、次に行うべきは“キレイな部屋のキープ”。せっかくキレイな部屋に戻ったのだから、すぐに元に戻ってしまうようなことは避けたい。そこで部屋をキレイに保つポイントを調べたので紹介!ゴミ屋敷に戻りたくない人はぜひ実践してみよう。

部屋をキレイに保つポイント

物を“捨てる”ようにする

ゴミ屋敷にならないためには、なによりも物を溜め込まずに捨てること。無駄なものは貰わない、家に持ち帰ってこない、捨てるかどうか迷っているものは捨ててしまうなど。必要なもの以外は買わないようにするのも手。

片付けをスケジュールに組み込む

片付けよう片付けようと思っても、基本面倒だとやらないことが多くなる。そこで片付けを最初からスケジュールに組み込んでみよう。いつどこの片付けをするのかをあらかじめ決めておくだけで、「やらなくちゃ」という気持ちになる。大切なのは無理のないスケジュールにすること。今週末はここ、次はここ、というように、順番に部屋を片付けていくのがオススメ。

掃除道具を用意しておく

当たり前のようだけど、掃除をするのに掃除道具を用意しておくのってポイント。掃除機の他にも、雑巾やバケツ、不要品を入れるゴミ袋、雑誌を束ねる紐などが揃っていると、「掃除しよう!」と思ったときにすぐ取り掛かれる。掃除しようと思っても道具がなかったら後回しになってしまうものだからね。

人を招くようにする

ゴミ屋敷の住人は基本的に家に人を招き入れないもの・・。そこでちょっと強引だけど、部屋のキレイさを保つためには人を招くようにするのも良い。自ら人を家に呼べば部屋をキレイにしなくてはという意識が高まり、再び散らからないように気を付けるものだ。

やっぱり無理なら、頼れるのは業者!

どんなにキレイを保とうとしても、できない人はいる。「やっぱり片付けが苦手だから無理なものは無理!」という方は、清掃業者に再び頼むのが手っ取り早い。

ゴミ屋敷清掃の業者をリピートする人は実は意外と多いものだ。定期的に掃除をしてくれるプランを用意しているところもあるので、上手くプランを提案してもらおう。

ゴミ屋敷を自分で清掃するときのポイント!持ち物を捨てるコツを紹介

掃除しよう、いらないものは捨てようと思っても、人はなにかのきっかけやコツがないと、なかなか物を捨てることができない。そこで、自分の持ち物を自分で捨てるコツをいくつかまとめてみた。最初から完ぺきにする必要はないので、自分に合っている捨て方のコツを見つけて、不用品を処分しよう。

記念品や思い出の品は写真を撮って捨てる

何かの記念品など、思い出深い物だけど普段使うことはないという物が溜まっているなら、写真を残して捨てよう。写真や画像データとして残しておけば、いつでも思い出の品を見ることができるし、壊れたり失くしたりする心配もない。なによりスペースの節約になる。大切なのは物ではなく、思い出だと考えよう。

「いつか使うかもしれないもの」の多くは使わないもの

衣服や家具、こまごまとした道具など、ついつい溜め込んでいる人も多いはず。ただ、「いつか使うかもしれないもの」の多くは使う機会が巡ってくることはない。

そういったものは、思い切って捨ててしまおう。町中でもらった化粧品のサンプル、溜まりに溜まったポケットティッシュ、旅行先から持ち帰ってきたアメニティなど、使わないものをいつまでも持っていたって仕方がない。

すぐに使うもの、いま使っているものと、予備がひとつあれば十分。もったいないからと持ち物をあふれさせるよりも、部屋を片付けて快適な空間で生活できるようになるほうがずっと大切だ。

「ここ1年で使っていないもの」は捨てる

もし1年間まったく使わなかったものがあるなら、それもどんどん捨てよう。1年使っていないものは今後も使う機会はやってこないだろう。1年間使わないものは、季節ものですらないということ。特に衣服などは、1年間着なかったのであれば着なくても事足りたのだから、二度と着ることはない。

読み終わった本は処分しよう

本が好きで、本を捨てることができないという人もいると思う。ただ、大切なのは本そのものではなく本の中身を自分の中に入れること。多くの本は、一度読めばそれで十分なものだ。図書館もあるし、何度も読み返している本以外は全て捨ててしまおう。

スキャナを買って電子書籍化しても良いし、古本屋に持ち込めばお金にもなる。

捨てるかどうか迷ったら「レンタルできるかどうか」で考える

普段はあまり使わないが、たまに使う機会があるものは「レンタルできるかどうか」で捨てるかを決めよう。たとえば、ミシンやスーツ、プリンタなどは普段使わないならもっている必要はない。必要なときだけレンタルサービスを利用すれば十分なものだ。

ゴミ屋敷を清掃するときは要不要を考えずにとにかく袋詰めしよう

自力でゴミ屋敷を清掃する場合、ゴミの捨て方よりもさきに知っておくべきことがある。それは、分別とゴミ出しを同時に行わないこと。ゴミがあふれている状態で、これは必要で不要だといちいち考えていては、いつまで経っても掃除が進まない。

大量のゴミを処分するときは、とにかく室内にあるものを袋やダンボールに放り込んでいき、部屋のスペースを確保して掃除しよう。要不要の判断は、部屋をきれいにしてからでも遅くない。

自力で掃除するのが大変なら業者を頼るのもオススメ

ただ、中には分別の仕方がわからない、要不要の判断が自分ではできないという人もいる。ゴミが大量にありすぎて、一時的に袋詰した荷物を置いておく場所がないという場合もあるだろう。そんなときは、プロの業者に片付けてもらおう。

一人で作業するより効率的で仕上がりも良く、安心して任せられる。

ゴミ屋敷清掃業者3選

首都圏でおすすめ

便利屋Station

便利屋Stationの公式サイト

粗大ゴミや生活ゴミなど、どんなゴミでも即日回収。24時間どんな時間でも来てくれるのも嬉しいところ。

公式サイトを見る

片付けられない.com

片付けられない.comの公式サイト

ADHDなどの病気を持つ方もOK。掃除が終わったあともコンサルタントがアドバイスしてくれる。

公式サイトを見る

便利屋一番星

便利屋一番星の公式サイト

ゴミ屋敷掃除から遺品整理まで何でも請け負ってくれる業者。料金が明確にHPに記載されているので安心。

公式サイトを見る

ページの先頭へ