ゴミ屋敷から脱出できる!プロ清掃業者を厳選紹介します

HOME » 生活ゴミ・汚物等…なんでも回収してくれるゴミ屋敷清掃業者

生活ゴミ・汚物等…なんでも回収してくれるゴミ屋敷清掃業者

ゴミ屋敷にはいろいろなものがある…生活ゴミから汚物まで片付けてくれる業者を探そう!

どんなゴミでも対応可能な業者を紹介

回収不可能品がない業者なら、一度頼むだけで部屋のゴミをまとめて持って行ってもらうことができて、本当に助かる!

よくゴミ屋敷の住人はトイレまで行けず汚物を部屋に放置している人がいるけど、汚物も処分してくれる業者は意外と少ないので、処分してくれるのか必ずチェックしておきたい。

どんなゴミだって回収処分してくれる業者を、ここで3社紹介するから、ぜひ覚えておいてほしい。

べんり屋Station

便利屋ステーション画像
引用元:べんり屋Station公式HP
(http://5353.benriya-st.com/index.html)

べんり屋Stationは弁当ガラやペットボトル、雑誌、服、缶など、どんな生活ゴミでも片付けられるから、まとめて1回の依頼で済むのが魅力。他業者では対応できないような汚物ゴミや、異臭を放っているもの、腐敗しているものも相談可能。

天井に届くほどの積み上げられたゴミ山だって、何年も蓄積されたゴミだって、手に負えない状態のゴミ部屋をプロのスタッフがあっという間にキレイにしてくれる。

便利屋というよりも、「ゴミ屋敷清掃のプロフェッショナル」と呼ぶべき業者。東京を中心に1都3県に対応していて、ゴミ屋敷清掃を請け負っている。

住所 東京都足立区伊興本1-13-26
対応地域 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
電話受付時間 9:00~25:00

片付けられない.com

片付けられない.com画像
引用元:片付けられない.com公式HP
(http://www.katazukerarenai.com/)

ゴミ屋敷をどうしても片付けられないADHD/ADDの方にオススメの業者。生ゴミの悪臭が漂っていたり、足の踏み場がなかったり、尿入りのペットボトルがあったり…なんてゴミ屋敷も対応ができる。

ほかにも床やトイレ、浴槽などの掃除、故障している箇所の修繕なども可能なので、家全般の困ったことを素早く解決してくれる。

公認片付けコンサルタントがいるのが特徴的で、ゴミ屋敷片付け後、二度と散らからないようにサポートしてくれるのが嬉しい。

住所 東京都世田谷区岡本3-19-10-402
対応地域 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
電話受付時間 24時間

便利屋一番星

便利屋一番星画像
引用元:便利屋一番星公式HP
(http://www.benri-first-star.jp/)

東京と神奈川を中心に活動する便利屋で、ゴミ屋敷への対応だけでなく幅の広い仕事をこなす。

コンビニの弁当やペットボトルなどの生活ゴミがたまったゴミ屋敷はもちろん、「捨てられない」と溜め込んだ雑物によるゴミ屋敷も対応。

どんな状況にも対応を心掛けているから、一人ではどうしようもないゴミ屋敷の片付けや処分に、しっかり相談にのってくれる。

住所 神奈川県横浜市港北区新吉田町4353
対応地域 東京県、神奈川県
電話受付時間 8:00~22:00

実はなんでも回収してくれる業者は少ない!

「ゴミ屋敷清掃請け負います」と言われたら、どんなゴミでも回収してくれるように思うよね?でも実際は業者によっては回収できないゴミが存在する。

粗大ゴミは回収可能でも生活ゴミは無理、汚物は論外、っていう業者は、実はとても多い。

だからそういう業者に頼んでしまうと、ゴミ回収を頼んだのに持っていってもらえず、また別の業者に頼むか自分で処分するしかなくなってしまう。

自分でやる時間や体力がないから業者を頼んだのに、これでは本末転倒。

ゴミ屋敷となった自分の部屋にどんな物が埋まっているかなんて分からないんだから、「全部まとめて処分します!」って言ってくれる業者を選ばないと困ることになってしまうので注意が必要だ。

生活ゴミ・汚物なんでも回収!業者に頼むべきゴミ5つ【首都圏】

市区町村では家電関係や特殊なゴミは対応不可、そもそも自分で取り外したり撤去するのが難しいものだってゴミ屋敷には存在する。

なんでも処分してくれる業者を頼むことは部屋をキレイにするキーポイントとなる。普通の処分が難しい5通りのゴミを詳しく見ていこう。

市区町村で処分できない家電関係のゴミ

テレビや冷蔵庫、洗濯機にエアコンなどは、どの家庭でもあるようなものだが、家電リサイクル法で定められているため普通に粗大ゴミとして出すことができない。製造業者には引取りとリサイクルが、小売業者には排出者からの引取りと製造業者などへの引渡しが義務付けられている。排出者はそのための料金を支払わなければならない。

引取りのたびに出張費がかかるため、家電類は一気に引取ってもらったほうがよい。掃除を依頼するついでに、使わなくなった不用家電は一気に処分してしまおう。その他の生活ゴミとともに引き取ってもらえるので結果的に安く済む。

消化器やガスボンベなど処分困難な特殊ゴミ

例えば消化器やガスボンベなど、一般的には処分困難なものも当然ながら市区町村で処分できる可能性はほとんどない。販売店に引き取ってもらうしかないが、他のゴミと一緒に引き取ってくれる業者が存在する。

小さなノートパソコンだって、資源有効利用促進法によって処分が難しい時代だ。オートバイや自転車なども外に転がっているならまるごと引き取ってくれる業者を選んで、ごみ処分にかかる労力と時間を節約しよう。

取り外しから供養、刈りこみまで必要なもの

自分では撤去したり運んだりするのが困難なものも、その面倒な作業とともに処分してくれる業者もある。

畳のような大型のものも剥がすところからやってくれるし、仏壇などは提携しているお寺で供養してから処分してくれたりする。

庭があれば、伸び放題になった草を刈ってくれたり木を剪定してくれるサービスもある。

確かに自分でやれば無料かもしれないが、それが難しければこのサービスをフルに活用してほしい。

まとめてしまって今さら分別困難なゴミ

ゴミ屋敷にありがちな何もかもがすべて一緒になってしまっているゴミたちも、掃除業者に依頼すると分別するところから対応してくれる。生ゴミが混じっていようが汚物が混じっていようが関係ない。

危険物だって分別して適切に処理してくれる。

そもそも精神的な理由により分別が難しいためにゴミ屋敷になっていった人は、特にこの分別からやってくれる掃除業者に頼むことが大切だ。回収のみの業者に依頼するだけでは、部屋をまるごとキレイにすることが困難であることを頭に入れておこう。

産業廃棄物関係のゴミ

一般廃棄物ではなく、事業活動に伴って出た産業廃棄物は産業廃棄物法に従って処分しなければならない。これが結構厳しい。その種類は20品目であり、金属、ゴム、汚泥に廃油、紙くずなども対象だ。自宅兼作業場のゴミ屋敷ならば注意してほしい。

動物の死体や糞尿も畜産農業から出たものであれば産業廃棄物となる。違反したら罰則を受けることになるが、そうしたゴミも一般廃棄物と一緒に引き取ってくれる業者が存在するので安心してほしい。

不用品回収物として引取「べんり屋Station」

べんり屋Stationは危険物だろうが汚物だろうが、産廃とされるゴミも不用品回収物として引き取ってくれる。

事業で出たゴミなのかどうかさえもわからない状態であれば、産業廃棄物も引取り対象の業者を選ぼう。

ゴミ屋敷清掃業者3選

首都圏でおすすめ

便利屋Station

便利屋Stationの公式サイト

粗大ゴミや生活ゴミなど、どんなゴミでも即日回収。24時間どんな時間でも来てくれるのも嬉しいところ。

公式サイトを見る

片付けられない.com

片付けられない.comの公式サイト

ADHDなどの病気を持つ方もOK。掃除が終わったあともコンサルタントがアドバイスしてくれる。

公式サイトを見る

便利屋一番星

便利屋一番星の公式サイト

ゴミ屋敷掃除から遺品整理まで何でも請け負ってくれる業者。料金が明確にHPに記載されているので安心。

公式サイトを見る

ページの先頭へ