今すぐ汚部屋から脱出せよ!ゴミ屋敷掃除・回収業者ガイド24時【首都圏版】

ゴミ屋敷から脱出できる!プロ清掃業者を厳選紹介します

ゴミ屋敷をプロの業者に任せて即効解決!

自分ではもうどうにもできないゴミ屋敷は、プロの清掃・回収業者に任せることで、一発で解決できる!このサイトでは元ゴミ屋敷住人のオレによる、ゴミ屋敷脱出のためのアドバイスを紹介。ゴミ屋敷清掃を請け負っているオススメ優良業者も発表するので参考にしてほしい。

今すぐゴミ屋敷・汚部屋を解決してくれる業者3選はこちらから

元ゴミ屋敷住人
五味拓也プロフィール

仕事が忙しく、部屋の片付けを後回しにした結果、ゴミ屋敷の住人に。このままではダメだと一念発起、清掃業者に依頼して脱出成功。

五味拓也

経験者が語る!
ゴミ屋敷の掃除は1人では絶対に無理!

ゴミ屋敷の掃除

元ゴミ屋敷住人の俺から言わせれば、部屋を1人で片付けろって言われても無理だと思わない?だって片付けや掃除ができなくて、結果ゴミ屋敷になっているんだから。

つまりゴミ屋敷を片付けようと思ったらまず1人では無理だと考えて、プロの業者に頼むのが正解!プロの清掃・回収業者なら、ゴミ屋敷をあっという間にキレイにしてくれるぞ。

俺が思う優良業者とは?

 

ゴミ屋敷を片付けてくれる清掃・回収業者はとても多い。ただしやみくもに業者を選ぶと、ゴミを全部回収してくれなかったり、見積もりと請求が違ったりと、面倒くさいことになる。忙しくて頼んでいるんだから、二度手間になるようなことは避けたいもの。そこで優良な業者を見極めるポイントを調べてみた。元ゴミ屋敷住人のオレが考える優良業者選びのポイントを参考に、頼りになる清掃・回収業者を見つけよう!

深夜まで電話受付
夜遅く会社から帰ってきて電話したら、受付時間が終了なんてことも。メールの返信なんて待ってらんないよね。
即日対応
今日来てほしいのに明日とか言われたら、やる気がそがれちゃう!
24時間
いつでも回収
仕事が忙しいから、深夜や早朝とか自分のタイミングで来てもらえなくちゃ意味がない。
どんなゴミでも
処分してくれる
コレは処分できないとか言われたら最悪。ゴミの山に何が埋まってるか把握してる?
ゴミの分別を
うたっている
業者から聞いたんだけど、分別を行うと産廃場で安く引き取ってもらえるとか。だからその分ゴミの引き取りに還元できるんだって。
秘密を厳守
してくれる
自分の家がゴミ屋敷だなんてご近所さんに絶対にバレたくない!細心の注意を払ってくれる業者が1番!

首都圏でおすすめ!
ゴミ屋敷業者ナビ

ゴミ屋敷お部屋スッキリ解決

対応力抜群
おすすめ
業者3

べんり屋Station

電話受付時間
9:00~25:00

べんり屋Station

公式サイト

片付けられない.com

電話受付時間
24時間

片付けられない.com

公式サイト

便利屋一番星

電話受付時間
8:00~22:00

便利屋一番星

公式サイト

即日対応 ◯ ◯ ◯
24時間回収 ◯ ◯ ー
どんな
ゴミでも処分
◯ ◯ ◯
ゴミの分別 ◯ ー ー
秘密厳守 ◯ ー ◯

ゴミ屋敷片付けマニュアル

このページでは、ゴミ屋敷を片付けるための対策として、「自分で片付ける」「友達や家族に手伝ってもらって片付ける」を紹介している。やり方やメリットをまとめているので、どちらかを選んでやってみよう。

しかし自力では難しいという人向けに、片付けのプロ「ゴミ屋敷清掃業者」についてもまとめた。費用や選び方、作業の流れ、業者に依頼した人の体験談を見ることができる。遺品整理・生前整理サービスや店舗物件・競売物件の片付けサービス、特殊清掃の方法や注意点も解説しているのでチェックしてほしい。

【体験談】私はこうしてゴミ屋敷から抜け出した

他の人のゴミ屋敷脱出体験談をまとめて紹介!自分の部屋の状況とは違うだろうが、まずはイメージしてみよう。足の踏み場もない部屋が想像できただろうか。
この部屋を片付けるにあたり、一人ではどうにもならないと感じたら、「みんなのゴミ屋敷清掃の体験談」に目を通してほしい。片付けスタッフの様子や依頼で良かったポイントなどが参考になるはずだ。そこまでイメージできれば、自分のゴミ屋敷脱出の一歩を踏み出せるはずだから。

利用者急増の自治体高齢者ゴミ出し支援制度を紹介

どの市町村でも高齢者が年々増加傾向にある昨今、自治体が高齢者への支援対策として行っている「高齢者ゴミ出し支援制度」を紹介する。
利用者が急増している理由や、なぜこの制度が広まり始めているのかなどを調べてみた。この制度をかしこく利用することで親孝行ができるかもしれないし、ゴミ屋敷を片付けるときに役立つ可能性もあるので、チェックしてみよう。
なぜゴミ出しができない高齢者が増えているのかについて、考えられるケースもまとめている。親や親戚が当てはまっていないか確認するのもいいだろう。

事業ゴミ処分方法回収業者の選び方利用したいサービス【首都圏】

みなさんは事業ゴミの処分方法について知っているだろうか。事業ゴミの処分方法のポイントは、家庭ゴミと捨てる方法がまったく違うことだ。ここでは、事業ゴミの種類・出し方と一般廃棄物を自治体に持ち込む方法を解説する。ゴミにあふれた職場にならないよう、処分方法のポイントをおさえているので、チェックしてほしい。
事業ゴミを回収する優良業者の選び方もまとめている。どんな取り組みやサービスを行う業者が優良といわれるのかを知っておくといいだろう。

ゴミ屋敷に住み続けるリスクと危険性!

ゴミ屋敷に住み続けるリスクと危険性にはどんなものがあるだろうか?ゴミ屋敷には多くの問題がありますが、住んでいる人に降りかかってくるのがリスクと危険性。ここでは、その種類をいくつか紹介している。放置していると後々大問題になりかねないものばかりのため、しっかり目を通してトラブルを回避してほしい。

ご近所トラブルに発展

ゴミ屋敷に住み続けていると、ご近所さんと揉める可能性あり。例えば害虫や悪臭など、ゴミ屋敷に関わるご近所トラブル例を紹介する。ゴミ屋敷をそのまま放っておくことはできないという人のために、トラブルの相談先もいくつかピックアップしてみた。戸建て・マンション・分譲マンションで最寄りの相談先が違うことに注意しよう。
直接文句を言うことでトラブルに巻き込まれるケースもあるので、そうならないような方法もおさえておくといい。また、自分がゴミ屋敷に住んでいる場合の解決法もあるので要チェックだ。

健康被害をおよぼすことも

「なんだか咳が続く」「肌がかゆい」など、大量のゴミが部屋にあると健康への影響が出てくることがある。このページでは、特に多い健康被害のケースをまとめてみた。健康が害されるだけだからといって侮ってはいけない。一度かかってしまえば、健康だけでなく仕事や生活にも影響が出るので注意が必要だ。
これらの健康被害にかかる前に、掃除をするのが最善の方法。ひとりでは難しいというならば、業者に頼む手もあるので、覚えていてほしい。

火事になる可能性大

燃えやすいゴミが大量にあるゴミ屋敷は、一度引火したら大きな火事につながる可能性が大きく、周囲の不安感も高い。燃えやすいゴミにどんなものがあるかまとめたので、自分が当てはまっていないか確かめよう。
火事は自分だけではなく、周りの家や人を巻き込む可能性も十分にある。実際に起こった事例として、過去にあったゴミ屋敷の火災事例もまとめてみたのでチェックして、日々の清掃を心がけてほしい。一人では無理でも、業者に頼ることもできる。

孤独死もありうる

高齢者だけでなく若者もあり得る孤独死。誰にも気づかれないままゴミに埋もれて亡くなるのは辛いものだ。このページでは、孤独死を招くきっかけになり得る「セルフネグレクト」について取り上げている。セルフネグレクトとゴミ屋敷の関係にはどんなものか解説しているので、確かめてみてほしい。
セルフネグレクトを防ぐ方法として「ゴミ屋敷業者に片付けてもらう」ことを挙げている。孤独死を引き起こさないためにも、ぜひ清掃業者に相談するのがおすすめだ。

法的措置をとられることも

ゴミ屋敷に対してどんどん厳しくなってきた社会。今後法的措置が取られる可能性もあるかもしれない!自治体が周辺住民の苦情を聞き入れ、ゴミ屋敷に対する条例を設置し始めている。ここでは条例を設定している自治体の事例を紹介。
住んでいる市町村によっては、行政代執行を発動して強制撤去や費用徴収もあり得るので、目を通しておこう。まだ条例を設置している自治体は数少ないが、今後増える可能性もある。条例ができてから慌てないためにも、前もって清掃・片付けに着手することが大切だ。

なぜゴミ屋敷になってしまうのか?その原因をリサーチ

なぜゴミ屋敷になってしまうのか知りたい人のために、その原因を調べてみた。原因を突き詰めていくと、ゴミ屋敷になりやすい人の特徴や病気の可能性が分かったので紹介している。
特徴として挙げられるのが、「もったいない」が口癖の人や精神的に不安定な人、気力・体力不足の人だ。また病気にはADHD(多動性障害・注意欠陥)やセルフネグレクト、認知症などが該当する。自分や家族が当てはまっていないか、確かめてみよう。

ゴミ屋敷になりやすい人の特徴は

どんな人がゴミ屋敷化してしまいやすいのか。その特徴を調べてみると、もったいないという口癖がある人や物を溜め込む人、精神的な影響で片付けができない人などが浮かび上がってきた。体力・気力がない人も当てはまる。ほかにも数多くの特徴があり、ゴミ屋敷化は誰にでもしてしまう可能性があることを覚えておこう。
ゴミ屋敷化してしまいやすい職業も存在する。看護師や弁護士、教師などだ。共通点は仕事に時間を取られがちで、疲労やストレスが溜まって部屋の片付けがおろそかになってしまうこと。こういった職業の人はメンタルバランスが崩れやすく、片付けたくてもできない場合が多いので、手遅れになる前に業者に依頼することをおすすめする。

なんらかの病気の可能性も

どうやっても片付けができない人は、なんらかの病気が隠れている可能性が高い。ゴミ屋敷になりやすい人と深い関わりのある病気についてまとめているので、確かめてみよう。
考えられる病気は、ADHD(多動性障害・注意欠陥)やセルフネグレクト(自己放任)、アスペルガー症候群や認知症といった精神疾患。病気であるがゆえに、片付けが不得意になってしまうのだ。ただし、不得意だからといって部屋のゴミを放置してしまうと、別の病気やご近所トラブル、孤独死などを引き起こしてしまう。それらを防ぐためには、他の誰かに清掃をお願いすることが重要だ。家族や友人にお願いしてもいいし、ゴミ屋敷清掃業者に依頼するという方法もある。業者の中にはADHDの人に特化した片付けサービスを実施している所もあるので、気になる方はチェックしてみよう。

ゴミ屋敷解決方法まとめ

ゴミ屋敷を解決する方法は、片付けることができない病気の場合はまず病院へ。それ以外は潔く諦めて清掃業者に頼ってみるといいだろう。業者に頼りたくない人向けに、ゴミの処分の仕方や整理方法、片付け場所の順番や気をつけたいポイントなどを詳しくアドバイスしているので確かめてみよう。「一人で片付けなくてはならない」と思わないことが大切だ。
近隣にゴミ屋敷がある場合の解決方法もまとめてみた。自治体の中でも先進的な取り組みをしている足立区の例を紹介している。足立区ではごみの処分代金のうち、100万円までを区が負担。他の地域ではここまでの支援は難しいかもしれないが、自治体を通せば解決しやすいといえる。近所のゴミ屋敷に困っている人は相談してみてはいかがだろうか。

2度とゴミ屋敷に戻らないために…その後のケアの重要性

ゴミ屋敷を掃除した後は、二度とゴミ屋敷に戻らないようなケアが大事。再びゴミ屋敷にしないためのコツを紹介する。
物を定期的に捨てる、片付けスケジュールを立てる、人を家に呼ぶのは効果的な方法なのでおすすめ。面倒くさがりの人でもできる簡単な片付け術も紹介しているので要チェックだ。片付け術をマスターしておけば、片付かないということがなくなる。
キレイな部屋をキープすることで、アレルギー症状の改善や精神的に安定し、同じ物を2度買いしなくてよくなるといったメリットも。これらのメリットを得たいなら、早めに部屋をキレイに片付けるのが得策だ。一人で片付けができない人は、ゴミ屋敷清掃業者に頼るのがおすすめ。手早くキレイに部屋を片付けてくれるだろう。

部屋をきれいに保つコツを伝授

ゴミ屋敷を清掃しても、どうしたら部屋をキレイに保てるのか分からず、またゴミ屋敷化してしまう人も。そんな人でも部屋をキレイに保てるコツを紹介しよう。
部屋をキレイに保つポイントには、物の捨て方やスケジュールの組み方、人に頼る方法などがある。どれも手間や費用がそんなにかからないので、これまで部屋をキレイに保てなかった人は、ぜひ試してほしい。
物の捨て方は、一度方法を誤るとすぐに部屋に物があふれてしまう。所有物を自分で捨てるコツとして、記念品・思い出の品や「いつか使うかも」と取っておいている物、捨てるかどうか迷っている物の処分方法もまとめてみた。自分で清掃する際に役立つはずだ。無理だと思った方は業者に頼むのもOK。

面倒くさがりでもできる!簡単お片付け術

面倒くさがりな性格でもできるのが、このページで紹介する簡単な片付け術。ゴミ屋敷を少しでも片付けたいと考えている方はぜひトライしてみよう。
簡単な片付け術として、分類の仕方やスペースの取り方、ゴミ箱についての情報をまとめてみた。もちろん一度で全部やる必要はない。この日はこの方法、この日はコレと少しずつやっていけばいいのだ。手間暇をかけないのが面倒くさがりが片付け術を続けられるコツである。
それでもどうしても片付かない、ゴミが溜まってしまう人は、ゴミ屋敷清掃業者の利用がおすすめだ。彼らは片付けのプロなので、自分が時間をかけて行う作業も手早くできてしまう。作業の工程が心配なら、業者にお願いした人の体験談をまとめたページもあるので、チェックしてみるといい。

部屋を片付けるとこんなにもメリットが

何かと理由をつけて避けていた片付けも、部屋がキレイになることでメリットを享受できる。手間や時間がかかるからと掃除をサボるのは、実はすごくもったいない。このページでは得られるメリットについて紹介しているので、ぜひ確認して片付ける気力を出してもらえれば何よりだ。紹介しているのは健康になれるメリットや経済的な効果、探し物で得られる効果や精神的なメリットとさまざまだ。もったいないという理由が伝わっただろうか。家族と一緒に生活しているならば、家族に感謝されるといったメリットも出てくるかもしれないので、ここしばらく片付けをできていない人は、早速今からでもチャレンジしてみよう。
やる気が起きなければ、プロの業者に頼むのもいい。部屋をキレイにするだけで、心身ともに健康的になれることを覚えておこう。

ページの先頭へ